Home > 2009年05月

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

先週の結果 +322.9pips

■総括
ヘタのブログへようこそ(笑)。
今週は黒字で終われたものの、月間で見ると約$800のマイナス。
3月からコツコツと貯めてきた利益を一気に吐き出し、さらにオマケ付きで終了となった。


ただし原因ははっきりしている。
ギャンブルセッティングがどうなるかをリアル口座でやった罰と、GW中にも関わらずlot数を落とさずに売買を繰り返した報いだ。
ま、退場を迫られるほどでは無かったので、これもひとつの経験と言えるのでは無いだろうか。


来週からは月が変わるので、心機一転、新しいブローカーにも口座を開き、Alpari_2口座には追加資金を投入する。


また、新たな展開としては、『MetaTrader自動売買研究所』の管理人、sigomaさんが、スキャル禁止のブローカー向けに、10分以上ポジションを保持するEAの製作に取り組まれるとの事。
おらっちもFXcastをセカンド口座として利用しているので、このEAには期待を大にしている。
EAの配布方法などの詳細はまだ掲載されていないものの、もしご興味をお持ちの方がいらっしゃったらぜひ訪れてほしい。


■今週分のアーカイブリンク
・5月25日のトレード ~+201.9pips~ ⇒ コチラ
・5月26日のトレード ~+5.3pips~ ⇒ コチラ
・5月27日のトレード ~+91.2pips~ ⇒ コチラ
・5月28日のトレード ~-61.6pips~ ⇒ コチラ
・5月29日のトレード ~+86.1pips~ ⇒ コチラ


■口座/EA別損益 (各週〆)


■使用中のEA
[EA_A] = フリーの逆張りスキャルEA。EURGBP、EURCHFで使用(決済までの時間設定可能)。
[EA_S] = フリーの逆張りスキャルEA。USDJPYで4バージョン使用。
[EA_O] = フリーの逆張りスキャル?EA。EURCHFで使用。
[EA_Y] = フリーの順張りスキャルEA。EURUSDで使用。
FXSP-002 = EURGBPとEURCHFがセットになったEA。

■使用検討中のEA
[EA_X] = スウィングEA。EURUSDで使用。
[EA_V] = スウィングEA。GBPJPYで使用。
[KG_RSDC] = 多通貨バスケットトレーディングEA。



ブログランキング・にほんブログ村へ

5月29日のトレード ~+86.1pips~

■総括(それぞれのサーバータイムで24時〆)
平和。平和。
そう言えば、通っていた高校が「平和」という地域にあった。
近くに「平和ショップ」という商店があって、みんな「ピンフショップ」と呼んでいた。
マージャンでは平和をピンフと読む。
いつも部活帰りに寄ったもので、「うまい棒」や「カツゲンバー(アイス)」を買っては食べていた。
最近久しぶりに訪れたら、潰れて無かった。
近くには「セブンイレブン」、「ローソン」が出来ていた。世知辛いものですな。


EA_Sはハマり解消ならず、またしても越週ポジが発生している。
当たらないテクニカルでは「反転近し」なので、また先週のようにドカンとギャップが付いてくれる事を祈りたい。


先週から投入したEA_Oは、テストではFXcastで好調だったのだが、リアル運用ではあまり芳しくない。
一昨日のチャートを確認すると、ドカンと上がったところでショート参戦し、1分以内に10pips下がって、利確しようとしたが、「requote」が出て同じ足の、一瞬10pips戻ったところで決済されている。 +5pipsのはずが-5pipsとなってしまった。
確かにFXcastは10分以内の決済はダメなので仕方が無い事だが、「requote」でマイナスになったのに、そのまま注文を通すEAも考え物だ。
なお、この一瞬の戻りはFXcastだけでなく、Alpariでも4xpでも確認出来たが、そちらではエントリーが無かったので損失は被っていない。
Xtremeの時みたいに改造するか…。


■口座/EA別損益 (それぞれのサーバータイムで24時〆)


■Alpari-UK 口座2の履歴

■FXcast シグナル配信利用のデモ履歴

■使用中のEA
[EA_A] = スキャルEA。EURGBP、EURCHFで使用(決済までの時間設定可能)。
[EA_S] = スキャルEA。USDJPYで3バージョン使用。
[EA_O] = スキャルEA。EURGBP、EURCHFで使用(TFによって決済までの時間を調整)。
[EA_Y] = スウィングEA?。EURUSDで使用。
FXSP-002 = EURGBPとEURCHFがセットになったEA。

■使用を停止しているEA
FapTurbo = EURGBPを収益の中心にした複合型スキャルEA。
Xtreme-EURGBP = EURGBPのスキャルEA。改造して運用。
[EA_B] = スキャルEA。GBPCHFで使用。
[EA_N] = スウィングEA。EURGBPとUSDJPYで使用。
[EA_T] = スキャルEA(決済までの時間設定可能)。

●おまけ
久々、4xpに関して、ちょっと気になる事があったので…。
拙ブログの左袖にある世界地図のブログパーツをご覧になった事があるだろうか、以前設置した時にも多少説明したが、クリックすると画面全体の大きな地図になり、どの地域の方がどんな記事を読まれているのかが分かる。
日本の国旗ばっかりになるんだろうなと思いつつ設置したのだが、さにあらず。海外の方もたまには見に来て頂いているようで、地図上にアクセスがあった国の国旗が増えると、何だかその国に行ったような気になって、ワクワクしてくる。
「お、今日は韓国の方が来て下さった。どんな方かなぁ。北朝鮮問題大丈夫かなぁ」とか、
「オーストラリアかぁ。もうすぐ冬だな。またお隣のニュージでヘリスキーしたいなー」とか、
「お、バーレーン!? 最近サッカー強くなったよなぁ」とか、
「スウェーデンは行った事が無いけど、洗練されたデザインが素晴らしい国だよなぁ、ステンマルクは元気かなぁ」とか、
「ドイツは合宿で行ったけど、観光出来なかったから全然街の事分かんないヤ」とか、とか、とか…、海外旅行気分を味わえる。(結局全部取り上げてしまった)


閑話休題。


で、先日4xpの方とやり取りしている時に、ある国からのアクセスが盛んにあった。
チェックしていた方はご存じと思うが…、その国は『イスラエル』である。
そう、NHKスペシャルの登場回数で言えば、かなり上位に来ると思われるあの国だ。


で、全然カマをかける積りじゃなくて、先日ブログに掲載したメールの内容の許可を得るためにやり取りしていた時、「ブログに掲載したものも拝見しました」と返事があった。
今では縁あって他の国の方も見に来られているようだが、その頃は『ドイツ』が加わり、やっと2ヵ国になったばかりだった。


けれども確か、かの会社の所在地は『スイス』だったはず。
が、スイスからのアクセスは未だかつて一度もない。
と言う事は…、本体がスイスにあるかどうかは定かでないものの、日本語のサポート関連はスイスには無く、イスラエルか日本(微妙にドイツ)にあるという事になる。


人は誰でも、いくら冷静であろうとしても、感情に流されやすく、想像に支配されやすい。
「トレードにはメンタルが大事」と言われる所以だろう。
けれども、感情じゃなく、機械的にデータとして出る事ってのは、信ずるに値するような気もしないではない。
地図とほぼ同時期に設置した『Google Analytics』も同じ解析結果なのだから、ほぼ間違いないと言って良いと思う。


はてさて、真相はいかに!!


ブログランキング・にほんブログ村へ

5月28日のトレード ~-61.6pips~

■総括(それぞれのサーバータイムで24時〆)
日本時間で言うと昨日朝~昼の損失をカバーして終える事が出来た。
勝ち負け半々と言ったところか。


今週はおだやかな1週間で終われそう。
微益、同値撤退続出であまり稼げなかったが、損失が無かったというのは良い事だと思う。


ちらと月間成績を見てもると、EA_Sの入っていないFXcastの口座のみ黒字。
わずかに20%増に届かなかったが、第2週の損失週間以降は順調に利益を積み重ねてくれているようだ。


EA_Yが初トレード。初負け(笑)。
なお、その後2連勝。
ま、そう簡単には行かないぞってところですね(笑)。


なお現在は、EA_Sがハマリ中。
帰ってこいよ~。


■口座/EA別損益 (それぞれのサーバータイムで24時〆)


■Alpari-UK 口座2の履歴

■FXcast シグナル配信利用のデモ履歴

■使用中のEA
[EA_A] = スキャルEA。EURGBP、EURCHFで使用(決済までの時間設定可能)。
[EA_S] = スキャルEA。USDJPYで3バージョン使用。
[EA_O] = スキャルEA。EURGBP、EURCHFで使用(TFによって決済までの時間を調整)。
[EA_Y] = スウィングEA?。EURUSDで使用。
FXSP-002 = EURGBPとEURCHFがセットになったEA。

■使用を停止しているEA
FapTurbo = EURGBPを収益の中心にした複合型スキャルEA。
Xtreme-EURGBP = EURGBPのスキャルEA。改造して運用。
[EA_B] = スキャルEA。GBPCHFで使用。
[EA_N] = スウィングEA。EURGBPとUSDJPYで使用。
[EA_T] = スキャルEA(決済までの時間設定可能)。


●おまけ
先々週だっただろうか、FXの「エ」の字も口にした事のないような友人から電話があり「FXの自動売買」がしたいとのこと。「あれ?なんで俺がやってることを知ってるんだろう」といぶかりながらも、「まぁ、とりあえず飯でも食べにおいで」と先週家に呼びました。
で、いろいろと話を聞くと、彼の周りには他にも金先をやっている人や投信をやってる人、REITをやっている人、株をやってる人と、金融商品に手を染めている(笑)人が多いのだとか…。
彼らの話を聞いていると、自分もこのままでは将来が不安だと感じての相談だったそうです。
また投資熱が戻ってきそうな雰囲気ではありました。


彼といろいろと話し「まぁ、投資に参加する事はあまり薦めないけど、やるならデモ口座からやってみれば」と、デモ口座を開設し、「諦めれば良いな」と考えつつ自分が使っていた、あまり成績の良くなかったEAをCDに入れて渡しました。


そして今週に入り「デモ口座で大体のところは理解できた、最初は少額からやるのでリアル口座を作りたい」との連絡がありました。話によると、あまり成績が良くなかったと思っていたEA達が、先週は大ハマりで、レバレッジを高くして挑んでいた彼は大儲けに成功したようでした。
「しまったな」と思いつつも、仕方がないので昨日再び家に呼び、口座開設と相成ったわけです。


「まぁ、まずはAlpariからでしょう」って事で彼に記入させながら、おらっちは横で口座開設の説明記事を作ったワケですが、意外に忘れているもので、以前記事を作った時に同時に作った開設書類の見本とニラメッコしながらの作業で、終わってみれば日付が変わっているような状況でした。


で、帰宅準備を進める彼に、「なんで俺がやってる事を知ってるの?」と聞いてみたところ…。

彼:「え?だって高校の同窓生は結構知ってるよ」
私:「え~?誰かに話したべか」
彼:「お前、酔うと開けっぴろげになるからじゃない?」
私:「いや、普段と変わらんと思うけど」
彼:「じゃ、普段から開けっぴろげって事だろ」
私:「…」

ナイスな突っ込みにタジタジになり、結局、どういった経路で話が回っているのかは聞き出せませんでしたが、おらっちはあまり酔わない方がいいらしい事だけは分かりました。余計な事を言われて無ければ良いのですが…。


これからマーケットに参加されようとしている方、この世界は生き伸びる事が最低限の目標です。誰もが始めるときは初心者ですが、出来れば長く生き伸びて、少しでも利益を残す事が出来るよう願っています。
彼にも拙ブログの事を話してあるので、書かせて頂きました。


ブログランキング・にほんブログ村へ

すんなり行ったAlpari UKの口座開設方法リターンズ (その1)

●Alpariは『CashBackForex』の登録で、スプレッド分手数料の一部が毎月キャッシュバックされます!!

●『CashBackForex』の登録方法はコチラ
●『CashBackForex』のキャッシュバック額はコチラ
●『CashBackForex』の評価は、『ForexPeaceArmy』で5つ星です。⇒コチラ


Alpariの口座開設手順ですが、拙ブログをはじめたばかりの頃に書いたものなので、かなり陳腐化してました。「書き直さなきゃな~」とは思っていたのですが、随分と遅くなり、わざわざ見に来て下さった方には申し訳ない事をしたと反省しております。

おらっちがAlpariに口座を開いたときも、いまこのページをご覧の方と同じく、あちこちのブログを探検して開設方法を探したのですが、上手く開設でき無くて諦めたといったコメントを多く見かけました。
で、手探りで口座開設に挑戦したところ、運良く一発で通ったので、これはほかの方の助けになるかも知れないと考えて、この記事を作ったのでした。

Alpariには現在、日本語を理解する東欧系の名前の男性がいらっしゃるようですので、以前よりも口座の開設はやりやすくなっているものと思いますが、それでも海外に口座を持つ事はちょっとしたチャレンジだと思います。
この記事が拙ブログを訪れてくださった方の一助となれば幸いです。


●セカンド口座の開設はコチラをご覧ください。


●口座開設作業の前に準備すべきもの
①取引先銀行に関する情報
 ・英名
 ・SWIFTコード ⇒ Wikipedia [日本の金融機関のSWIFTコード一覧]を参照。
 ・所在地情報を英語で(電話番号は必要ない)
 ・海外から送金を受ける場合の口座番号(銀行によっては支店番号を必要としない場合がある)
②勤務先情報(覚えていない人だけ)
 ・所在地情報を英語で
③その他、常識的なものは省きますが、免許証コピーなどの準備は後からでも構いません。


●口座開設手順(2009年5月28日現在)

 ①Alpari UKのトップページ上部にある『Trading Accounts』ボタンをクリック

 ②開いた先のページ、左袖の上から2番目『Open Live Account』ボタンをクリック

 ③出てきたページを下にスクロールし、アカウントの種類にチェックを入れる。
 1.マイクロロット(0.01lot~)の口座の場合 ⇒ Micro Account
 2.ミニロット(0.1lot~)の口座の場合 ⇒ Clasic Account

 ④プラットフォームを選びチェックを入れる。
 1.メタトレーダーの場合 ⇒ MetaTrader 4 
 2.Systematicの場合 ⇒ Systematic (これがどのようなものかは分かりかねます)

 ⑤口座の用途(?)を選択しチェックを入れる。
 1.個人口座の場合 ⇒ Personal Account 
 2.複合口座の場合 ⇒ Joint Account
 3.法人口座の場合 ⇒ Corporate Account

 ⑥セキュリティーコードに出ている英字・数字を、その下のボックスに半角英数字で記入し、
  「Continue to next step」 をクリックする。

 ⑦出てきたページにある、オレンジの字で書かれた4つのリスク告知などの契約内容を理解し、
  「Continue to next step」 をクリックする。

 ⑧以下のページが出てくるので、必要事項を記入する。


画像はすべてクリックで拡大表示します。

 ⑨先ほどのページで記入したメールアドレスに、以下のようなメールが来るので、
 「Your registration confirmation code」をコピー(このメールの場合:8e8298246f)する。

------以下、転載------

Dear Mr. Yamada

Thank you for applying for an account with Alpari (UK).

You chose to select a Micro Trading Account in USD.

Your registration confirmation code is: 8e8298246f

Please enter this code on the second page of the Online Application form.

Should you have any queries, please do not hesitate to contact us:
Opening hours: 07.00-22.00 Mon-Fri
Phone: +44 (0)20 7426 2900
Email: support@alpari.co.uk

Best regards,

Alpari (UK) Client Services

Note: Please do not reply to this email.

------以上、転載------


 ⑩次に出てきたページを以下のように記入、チェックする。
 最初の項目には、先ほどの「Your registration confirmation code」のコピーをペースト。



 ⑪次に出てきたページを以下のように記入、チェックする。

 なお、日本の銀行のSWIFTコードは、Wikipedia [日本の金融機関のSWIFTコード一覧]を参照。



 ⑫次に出てきたページは今までに記入したものをチェックするためのページなので、間違いが無いか見て、一番下にある告知事項に同意のチェックを入れ、次に進む。



 ⑬次のページが出てくるのと同時に、登録したメールアドレスにメールが入ります。



 ⑭メールの内容はこんな感じです。

------以下、転載------

Dear Mr. Yamada,

Thank you for your account application with Alpari (UK) Limited.

We are pleased to advise you that your account application has been accepted and you have been classified as a Retail Customer.

You chose to select a Micro Trading Account in USD.

Please print out the attached application, sign and email the scanned copy back to us at support@alpari.co.uk or fax it at: +44 (0)20 7426 2949.

To activate your account we require the following ID documents.

------中略------

We look forward to trading for you in the near future.

Should you have any queries, please do not hesitate to contact us.

Opening hours: 07.00-22.00 Mon-Fri
Phone: +44 (0)20 7426 2900
Email: support@alpari.co.uk

Best regards,
Client Services
Alpari (UK) Limited
201 Bishopsgate, London EC2M 3AB, United Kingdom
Tel.: +44 (0)20 7426 2900
www.alpari.co.uk

------以上、転載------


メールは、オンラインでの手続きは上手く行ったので、身分証明書を送ってくださいというような内容です。
免許証や、公共料金の請求書などをコピーorスキャンし、ほれぞれに対訳をつけてメールで送ります。
これについては明日、時間を見てアップします。
随分縦長になりましたね。画像は貼りつけない方が良かったかな?


すんなり行ったAlpari UKの口座開設リターンズ (その2)
Alpariクレジットカード送金の方法
Alpariセカンド口座開設と口座間振替の方法
Alpari出金フォームの記入例
すんなり行ったFXcastの口座開設方法 (その1)
すんなり行ったFXcastの口座開設方法 (その2)


●Alpariは『CashBackForex』の登録で、スプレッド分手数料の一部が毎月キャッシュバックされます!! ⇒ コチラ
●『CashBackForex』の登録方法はコチラ


ブログランキング・にほんブログ村へ

すんなり行ったAlpari UKの口座開設方法リターンズ (その2)

えー、昨日の続きです。
口座開設書類については、前回書いた記事がそのまま使えそうですね。
ですので、少しだけ書き換えてアップします。
何度も念を押しますが、おらっちはあくまでもインチキな英語しか出来ないので、多分、分かる方から見るとおかしな(意味が通じない)ところもあるかと思います。
お分かりの方はご指摘いただけると幸甚です。


さて、昨日はWEB上で行う手続きについて書いた。
あとは、メールで必要書類を送る事で晴れて口座開設完了となる。


●セカンド口座の開設はコチラをご覧ください。


●準備する必要書類について
口座開設の際に必要な書類はブローカーによって異なりますが、ほとんどの場合、免許証のコピーと公共料金の請求書で事足りる場合が多いようです。
MT4のブローカーは最近、取引条件が変更になる場合が多く、この先、他のブローカーに口座開設を検討される事も考えられますので、一度作った書類はコピーを取って保存するか、スキャンしてPCに保存しておくと便利です。

①免許証の英語での注釈例 ⇒ コチラ

②公共料金請求書の英語での注釈例 ⇒ コチラ

③Alpariから送られてきたメールに添付されていた『Alpari_Personal_Online_Application_Form.pdf』 の必要個所に自筆サインと日付を記入したもの。


●必要書類の送付

①上記書類を準備、スキャンしPCに保存。

②メーラーを開き、新規作成メールに以下の返信文をコピー&ペースト。


※ヘンな英語かも知れません、分かる方は書き換えて使ってください。

-------以下、転載-------


Dear Mr. or Ms.

I took your E-mail. Thank you.

I attach the thing which scanned a driver's license, the bill of the national health insurance※, I signed an application form and reply.

A procedure thanking you in advance.

Best wishes,
●●●● ←自分の名前


-------以上、転載-------
※例は、国民健康保険の場合。水道料金の場合は「water rent bill」とかになると思います。


③上記のメールに先のスキャンデータ3点を添付し、「support@alpari.co.uk」宛に送信します。

④2~3営業日で以下のメールが届きます。


-------以下、転載-------


Dear Mr ●●●●,

We are pleased to advise you that your trading account with Alpari (UK) Ltd is now open.

Account details:

Account currency: USD
Login/account number: ●●●●●
Master password: ●●●●● (to change this password, please go to Tools->Options->Server tab in your MetaTrader)


-------以下、省略-------

このようなメールが届いたら口座開設完了です。お疲れ様でした。
リスク管理をしっかりと行って、まずは生き残る事を優先して投資活動を行ってください。


これでしばらくはこのページも更新しなくて済む事でしょう(笑)。
しばらくしたら、以前の記事を削除します。


すんなり行ったAlpari UKの口座開設リターンズ (その1)
Alpariクレジットカード送金の方法
Alpariセカンド口座開設と口座間振替の方法
Alpari出金フォームの記入例
すんなり行ったFXcastの口座開設方法 (その1)
すんなり行ったFXcastの口座開設方法 (その2)


●Alpariは『CashBackForex』の登録で、スプレッド分手数料の一部が毎月キャッシュバックされます!!

●『CashBackForex』の登録方法はコチラ
●『CashBackForex』のキャッシュバック額はコチラ
●『CashBackForex』の評価は、『ForexPeaceArmy』で5つ星です。⇒コチラ


ブログランキング・にほんブログ村へ

5月27日のトレード ~+91.2pips~

■総括(それぞれのサーバータイムで24時〆)
今日は利益を頂戴出来た。
が、EA_Oが「requote」で利益が確定できず。
気配値が損失に踏み込んでも注文を通そうとするのはいかがなものなんだろうか。
「それだけ含み損でいる時間が長かったから」と言われればそれまでだが…。


EA_Sは朝見た時に逆に行きそうだったので手動決済。
その後上昇していったので、ヨシ。


デモ口座でテストしている、シグナル配信を受信してトレードするEAだが、なんだか前のEAの数字とややこしくなったので、新たなデモ口座を申請し0にリセットした。
なので、さしあたり今表示されているのが、このEAの成績と言う事になる。


この後はドイツの失業率にはじまり、重要指標目白押し。
再度チェックして夜のトレードに臨もう。


■口座/EA別損益 (それぞれのサーバータイムで24時〆)


■Alpari-UK 口座2の履歴

■FXcast シグナル配信利用のデモ履歴

■使用中のEA
[EA_A] = スキャルEA。EURGBP、EURCHFで使用(決済までの時間設定可能)。
[EA_S] = スキャルEA。USDJPYで3バージョン使用。
[EA_O] = スキャルEA。EURGBP、EURCHFで使用(TFによって決済までの時間を調整)。
[EA_Y] = スウィングEA?。EURUSDで使用。
FXSP-002 = EURGBPとEURCHFがセットになったEA。

■使用を停止しているEA
FapTurbo = EURGBPを収益の中心にした複合型スキャルEA。
Xtreme-EURGBP = EURGBPのスキャルEA。改造して運用。
[EA_B] = スキャルEA。GBPCHFで使用。
[EA_N] = スウィングEA。EURGBPとUSDJPYで使用。
[EA_T] = スキャルEA(決済までの時間設定可能)。


●おまけ
サッカーのお話。
昨日の試合良かったですね。久しぶりに強い日本が見られたと思います。
特に本田のプレー、おらっちには中田クンに重なって見えました。
岡崎も積極的かつ強かった。
また、周りの選手のサポート的な動きや連携も機能して、チリの守備を翻弄しました。
「ケンゴー↓」と叫んだ場面が何度かありましたが、まぁ勝ったので御愛嬌と言う事で…。


ただし、次戦以降もこういう風にできるかと言うと…、そんなに簡単には行かないと思います。
ご存じのように、アジアのチームとやるときは、相手が引いている事が多いので、今回のように中からの攻撃を使いにくく、かと言って、日本よりも平均身長の高い国ばかりですから、外からの攻撃も機能するとは考えにくいわけです。
他にも中村、松井など、中盤のタレントが多い日本、岡田監督は次戦のスタメンに頭を悩ませる事でしょう。


中田クンがいなくなってから、日本のサッカーはワクワクしなくなったのですが、久しぶりに楽しいサッカーが見られました。出来れば生で観たかった…。
次戦にも期待!!!


ブログランキング・にほんブログ村へ

メタトレ-ダー(MT4)のエラーコード表

今回はMT4初心者向けの情報です。
おらっちもそうなんですが、あちこちからフリーのEAを拾っては、片っぱしからテストしてみる方は知っておいた方が良いかと思います。


フリーのEAは、ほとんど説明書など付いていませんので、フォーラムから拾ったEAであればそのフォーラムを、ブログから拾ったEAであればそのブログを読んで、EAの性能や、ロジック、資金管理などを理解する他ありません。
で、バックテストやフォワードテストをしてみると、多くの場合きちんと動いてくれず、頭を抱えます。そんな時に役立つのが、この『MQL4 community』のエラーコード表です。
バックテストがきちんと表示されない場合には「操作履歴」を確認すると、エラーが出ていることが多くありますが、このコード表と対比させると原因が理解出来便利です。


Error codes returned from trade server.

ConstantValueDescription
ERR_NO_ERROR0No error returned.
ERR_NO_RESULT1No error returned, but the result is unknown.
ERR_COMMON_ERROR2Common error.
ERR_INVALID_TRADE_PARAMETERS3Invalid trade parameters.
ERR_SERVER_BUSY4Trade server is busy.
ERR_OLD_VERSION5Old version of the client terminal.
ERR_NO_CONNECTION6No connection with trade server.
ERR_NOT_ENOUGH_RIGHTS7Not enough rights.
ERR_TOO_FREQUENT_REQUESTS8Too frequent requests.
ERR_MALFUNCTIONAL_TRADE9Malfunctional trade operation.
ERR_ACCOUNT_DISABLED64Account disabled.
ERR_INVALID_ACCOUNT65Invalid account.
ERR_TRADE_TIMEOUT128Trade timeout.
ERR_INVALID_PRICE129Invalid price.
ERR_INVALID_STOPS130Invalid stops.
ERR_INVALID_TRADE_VOLUME131Invalid trade volume.
ERR_MARKET_CLOSED132Market is closed.
ERR_TRADE_DISABLED133Trade is disabled.
ERR_NOT_ENOUGH_MONEY134Not enough money.
ERR_PRICE_CHANGED135Price changed.
ERR_OFF_QUOTES136Off quotes.
ERR_BROKER_BUSY137Broker is busy.
ERR_REQUOTE138Requote.
ERR_ORDER_LOCKED139Order is locked.
ERR_LONG_POSITIONS_ONLY_ALLOWED140Long positions only allowed.
ERR_TOO_MANY_REQUESTS141Too many requests.
ERR_TRADE_MODIFY_DENIED145Modification denied because order too close to market.
ERR_TRADE_CONTEXT_BUSY146Trade context is busy.
ERR_TRADE_EXPIRATION_DENIED147Expirations are denied by broker.
ERR_TRADE_TOO_MANY_ORDERS148The amount of open and pending orders has reached the limit set by the broker.
ERR_TRADE_HEDGE_PROHIBITED149An attempt to open a position opposite to the existing one when hedging is disabled.


本当はここに訳したいところなんですが、おらっちの英語はいつも書いている通りインチキですし、プログラマーでも無いので、ちゃんと分かってらっしゃる方に譲りたいと思います。
誰か分かる方がいらっしゃれば、ぜひ訳していただいて、ご自分のブログに掲載してみていただけるとありがたいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

5月26日のトレード ~+5.3pips~

■総括(それぞれのサーバータイムで24時〆)
EURクロスの動きの無さと言ったら…。
平和っちゃー平和なんですが、折角ポジションをとっても、微益か同値撤退ばかり。
書く事が無い…。


■口座/EA別損益 (それぞれのサーバータイムで24時〆)


■Alpari-UK 口座2の履歴

■FXcast シグナル配信利用のデモ履歴

■使用中のEA
[EA_A] = スキャルEA。EURGBP、EURCHFで使用(決済までの時間設定可能)。
[EA_S] = スキャルEA。USDJPYで3バージョン使用。
[EA_O] = スキャルEA。EURGBP、EURCHFで使用(TFによって決済までの時間を調整)。
[EA_Y] = スウィングEA?。EURUSDで使用。
FXSP-002 = EURGBPとEURCHFがセットになったEA。

■使用を停止しているEA
FapTurbo = EURGBPを収益の中心にした複合型スキャルEA。
Xtreme-EURGBP = EURGBPのスキャルEA。改造して運用。
[EA_B] = スキャルEA。GBPCHFで使用。
[EA_N] = スウィングEA。EURGBPとUSDJPYで使用。
[EA_T] = スキャルEA(決済までの時間設定可能)。


●おまけ
今日のおまけは(も?)FXとはあまり関係の無い情報です。
昨夜、登録しているメルマガにちょっと気になる情報が掲載されていましたのでお知らせしたいと思います。

そのメルマガによると、WEBページを開いただけで感染するウィルス『GENO』が流行っているそうで、Adobe Reader やFlash Playerといったアドビ製品のぜい弱性をついて攻撃を仕掛けるとのこと。
で、攻撃を受けるとどういった障害が発生するかと言うと…、

 ・PC動作が重くなる
 ・個人情報の漏洩
 ・FTPアカウントが乗っ取られサイトが改竄される

といった、お決まりのパターンが起きるのだそうです。
私も含め、あちこちに探検に出かける機会の多い人は気を付けた方が良さそうです。


ちなみに予防法は、それぞれのアドビ製品を最新版にアップデートする事でOKだそうです。

 ・Flash Player の最新版 ⇒ コチラ
 ・Adobe Reader の最新版 ⇒ コチラ


多分、拙ブログにお越しの皆さんは、自動売買される方が殆どでしょうから、ここら辺の対処は常に心がけていらっしゃるとは思いますが、一応お気を付け下さい。
特に、怪しげなサイトに行かれる諸兄(そう!あなたです!)、ご注意あそばせ…。


ブログランキング・にほんブログ村へ

5月25日のトレード ~+201.9pips~

■総括(それぞれのサーバータイムで24時〆)
週の出だしは良い感じ。
最近はFXcastが順調に伸びている。
もちろん同じEAをAlpariでも使っているのだが、4桁と5桁の違いなんだろうか。
4xpでのトレードを再開。さしあたりEA_Oのみを動かす予定。


EA_AはFXcastでEURCHFのみトレードがあった。EURGBPはなし。


EA_Sはあれ以来順調。
越週ポジは朝早く起きて久しぶりにSAXOBANKのチャートを見たところ、窓開けの雰囲気をバリバリ醸し出していたので、オープン後少し様子見して決済した。


EA_Oは好調を維持している。
EURGBPは4xpでイケそうだったので早速投入。


EA_Yは新登場。Y氏から頂戴したEAなので「Y」とした。
差し当たりEURUSDで動かしているが、今のところ指値を出しているもののトレードには至っていない。


SP-002も昨日は良かったようだ。


先週まで「ヘッジトレーディングEA」を動かしていたデモ口座だが、SLの置き具合を考えるとちょっと不安定で、普通にEURGBPをトレードした方が良い気がしたので、今回は実戦投入を見合わせた。
代わりにY氏から教わったシグナル配信サイトに登録したので、これをデモ口座に入れて見た。
今のところ損失ばかりだが今後に期待。


■口座/EA別損益 (それぞれのサーバータイムで24時〆)


■Alpari-UK 口座2の履歴

■FXcast シグナル配信利用のデモ履歴

■使用中のEA
[EA_A] = スキャルEA。EURGBP、EURCHFで使用(決済までの時間設定可能)。
[EA_S] = スキャルEA。USDJPYで3バージョン使用。
[EA_O] = スキャルEA。EURGBP、EURCHFで使用(TFによって決済までの時間を調整)。
[EA_Y] = スウィングEA?。EURUSDで使用。
FXSP-002 = EURGBPとEURCHFがセットになったEA。

■使用を停止しているEA
FapTurbo = EURGBPを収益の中心にした複合型スキャルEA。
Xtreme-EURGBP = EURGBPのスキャルEA。改造して運用。
[EA_B] = スキャルEA。GBPCHFで使用。
[EA_N] = スウィングEA。EURGBPとUSDJPYで使用。
[EA_T] = スキャルEA(決済までの時間設定可能)。


●おまけ
昨日紹介した「FAP Turbo Guide」。
こちらは確かにEAを売っているサイトなんですが、「こういう情報を流してくれると買っちゃうだろうなぁ」と思いますね。おらっちのFAPも、最近はタンスの肥やしになっていたんですが、まだまだ使えるような気になってしまいました。
フォーチュンで保留していた口座に入金して使ってみようかなぁ…。


そうそう、最近FXcastに関する質問や伝言を個人的に承ったりする事が多いのですが、私でよければ取り次ぎますので、お気軽にお寄せ下さい。
一度サポートの方とメールをやり取りすると、虜になること請け合いです(笑)。



ブログランキング・にほんブログ村へ

FAP turbo のガイドをしてくれるサイト

英語、話せます?
おらっちは全く苦手で、英語のサイトを見ていると、読めない漢字がいっぱい書いてある新聞を、親に言われて一生懸命に読んだ小学生のころを思い出します。
で、小学生に戻った気持でいつもながらにMT4がらみのサイトを探検していると、こんなサイトを見つけました。


FAP Turbo Guide」。
FAP Turbo」を使った投資方法を教えてくれる(?)サイトとしては、「FAP WINNER(有料情報)」なんてのが有名ですが、コチラのサイト(ブログ)は無料で色々な案内や考察を見る事が出来ます。
サイト名は「FAP Turbo Guide」ですが、今話題の「MEGADROID」との複合運用を薦めているようで、「MEGADROID」に関する情報も見られます。


ちなみにある日の記事の内容を、いつものインチキ英語で読んで要約すると…。

GBPCHFのペアを収益が見込めないとして、最初からトレードから外す方は多いだろうが、我々の考えはそうではない。EURGBPよりも「more profitable」であると考えている。
現在我々がこのペアでトレードしているのは、21-24時でSLは60、LRRは10、Maxspreadは8だ。
ただしこのペアはスプレッドが非常に広い。
Alpariではこのペアでトレードすることは無理だろう。⇒※アジアンタイムは「10」のはず。
スプレッドの良いECNブローカーでトレードするのが良い。

などなど…。

で、「スプレッド7」の時間帯にバックテストしてごらん」というような事が書かれていたので、実際に今年の1月からのデータでGBPCHFのバックテストをやってみた。

PF=3.24 、EP=4.27、MDD=5.8%。
タンスの奥に仕舞っておくにはもったいない数字。
どうやらこのサイトの言う事は、あながちウソではなさそうだ。


と言う事で他の記事も見てみると…。
なんだか見た事のあるEAのリストがズラリと出てきて、「これらの殆どを分析してみたが、働いてくれない」なんてのもありますねぇ。

10pipspro EA
910 The Phantom robot
Artificial Intelligence
Automated Forex Grail
Bartrader EA
Bogie NN V8
Bonansa EA
・・・
「Bonansa EA」…???、ってあの?


はははは、ま、そ、そんな事が綿々と書かれているサイトです。
(やばいサイトを見つけたかな)



ブログランキング・にほんブログ村へ

先週の結果 -2035.5pips

■総括
今月はもう赤字決定でしょう(笑)。


EA_Aは、Lot数セーブのためAlpari_2口座から撤退。
EA_Sは異なる設定、バージョンで続投(FXcastでは元々運用なし)。最大で3バージョンに変更。
EA_Oは全口座で運用。
SP-002はAlpariで相性悪いなぁ。今週もこのまま様子見。


他には、とある筋から頂戴したEAを実運用しようかバックテスト中。
珍しく5桁の方が稼げそうな雰囲気。指値のEAはもしかしてそうなのかも知れませんね。
イケると踏めば週明けから早速投入を予定。(その筋の方、有難うございました)。


なお、EA_Sではクローズできなかった越週ポジあり。
余計な窓開けはしないで欲しいですな。


窓開けと言えば…、「窓開けは窓閉め」とよく言われますが、これを狙ったEAってあるんでしょうかね?
かなり確実に稼げると思うのですが…。


■今週分のアーカイブリンク
・5月18日のトレード ~-285.7pips~ ⇒ コチラ
・5月19日のトレード ~-2042.3pips~ ⇒ コチラ
・5月20日のトレード ~+43.6pips~ ⇒ コチラ
・5月21日のトレード ~+248.9pips~ ⇒ コチラ
・5月22日のトレード ~+130.9pips~ ⇒ コチラ


■口座/EA別損益 (各週〆)


■使用中のEA
[EA_A] = スキャルEA。EURGBP、EURCHFで使用(決済までの時間設定可能)。
[EA_S] = スキャルEA。USDJPYで4バージョン使用。
[EA_O] = スキャル?EA。EURCHFで使用。
FXSP-002 = EURGBPとEURCHFがセットになったEA。

■使用検討中のEA
[EA_X] = スウィングEA。EURUSDで使用。
[EA_V] = スウィングEA。GBPJPYで使用。
[KG_RSDC] = 多通貨バスケットトレーディングEA。


■おまけ
先日からいくつかの新たなウェブツールをブログに設置してみた。

一つ目は、左袖に設置した新たなプラグイン、『FEEDJIT』。
簡易アクセス解析が世界地図になっているもので、どの地域の方がどの記事をご覧になったのかを地図上で確認できる。
サイトは英語だが、設置はそれほど難しくない。
「え?イスラエルからアクセス?なんで?」のように意外に飽きないのでオススメ。

ふたつめはご存じ『Google Analytics』無料であるにも関わらず、かなり詳しい情報が得られる。
商用サイトでは無いので、そこまで詳しい情報は必要ないのだが、アクセスが増えてきたこともあり、データを見るのも面白いかなと思って設置した。

最後に、これもご存じだろう『Google Adsense』。
今時これをクリックする方もいないだろうとは思うが、わざわざGoogle Analyticsに登録したので、ついでに設置して見た。
ちなみに同じ人間が激しくクリックすると、何の前触れもなく提携破棄にされるというSCAMブローカー並みの対応をされるので、良く来られる方は、よほど興味のあるコピーを見た時以外はクリックしないでください(笑)。



ブログランキング・にほんブログ村へ

フォレックスプレイス(Forex Place)4xpに関する続報

先日、フォレックスプレイス(以下、4xp)に関するレポートを掲載し、その後の経過もレポートするとお伝えした。
今回は、4xpから頂戴したメールを担当の方に許可を頂き、多少省略しつつここに掲載する事としたい。
(個人的な情報も含まれるので、省略する事をご了承いただきたい)
すべてのメールを掲載するのは、膨大な文字数になるので、さしあたり直近のものを紹介する。


なお、この回答のメールを頂戴するまでに、私はかなり辛辣な指摘を並べたメールを何度か送っている。
当然、メールだけでは判断できない部分は数多くあると思うし、私の心証も、まだ完全に良いものに変わった訳では無い(どちらかと聞かれれば、白黒五分五分といったところか)。
それに、かの有名な詐欺ブローカー、ヴェロの担当者からのメールを他のブログで拝見した事があるが、かのブローカーの担当者も懇切丁寧なメールを書いていたし、大抵の場合、サギを働く人間はサギと分かるような事はしない。
しかし、いつも私の一方的な感想ばかりを書いていてもフェアでは無いように思ったので、今回はスクウェアな観点から担当者からのメールを読んで判断の一材料として頂きたいと思う。


------------以下、転載---------------

Sent: Friday, May 22, 2009 4:35 PM

○○○○様(私の名前)

お世話になっております。

ご連絡有難うございます。
今になってからですが、申し上げたい事実がございます。

現在、弊社では大規模な業務編成ならびに部署編成を行っており、多言語サポートの採用、メディア部署の心臓となるデザイン人員の再確保、経理部の編成等に伴い、部署ごとにオフィスの引越しを2週間ほど前より行っており、PCの移動、回線の移動等で大混乱をきたしておりました。

事実上、一部のメールが受信されないといった惨事が起こっており、○○○○様のメールを受信したのが今週の初めのメールの返信差し上げた当日でございました。

また、多くの日本語のお客様よりチャットにて電話番号を頂いておりながらも、国際電話ですと非通知番号ではつながらず、連絡が途絶えてしまうといったジレンマも続いております。

今週の初めに多くのお客様よりメールを一括して受信し、対応の遅れをお詫びしながら返信をしておりました。

今になって思います事は、私も正直にその時点で事実を申し上げれば良かったのですが、今までメタトレーダーのサーバー回線が良好との定評を努力して保ち続けてきたにもかかわらず、現時点で「回線不良でメールが受信できなかった」とは勇気を持って申し上げる事ができませんでした。

頂いたメールを返信するのに必死で、ただただ「お詫びいたします」とのみ申し上げておりました。 ピンチに陥った際の、対処法をひしひしと感じた1週間でございました。ご理解頂けると幸いです。

ご質問の返答を致します。

>●一点目
>今後御社は英国金融庁の認可を取得され、日本の金融庁への登録も視野に
>入れていらっしゃるとの事でしたが、これは確実な事なのでしょうか。
>いつになるか、などはまだ検討中の事案と思いますので、組織として予定
>されている事か否かについてのみで結構です。ご回答ください。

事実でございます。
英国の金融庁の申請は1年ほど前より行っており、日々返答を待っていいる状態でございます。
日本への申請は、英国金融庁登録完了後となりますので、現時点では正確な申請日は未定でございます。

>●二点目
>現在日本語サポートデスクを準備中との事ですが、これについては具体的
>な目標の日程が決まっているものと思います。

昨日、数名の現地日本人の1次面接を行いました。
日本語、英語(社内業務は全て英語)、インターネット能力、カスタマー・サポート力、かつ為替ディラー能力を兼ね備えた人員の確保は困難です。
現時点で1名が2次面接に進んでおり、為替ディラーとしての能力チェックは来週の初めに行います。
早ければ、来週の中旬には採用が決定する見込みです。

---------個人情報含まれるため、一部省略--------------

ご不明な点や、ご意見・ご質問等は私共にとりまして貴重な情報です。
どしどしとお寄せ頂けると幸いです。

今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

○○○○(担当者の名前)


------------以上、転載---------------


なお私は、これまでのやり取りのメールも含めて考え、現在のところはたかが$100しか残っていない口座なので、今後新たな情報が出るまではそのままにしておく事に決めた。



ブログランキング・にほんブログ村へ

5月22日のトレード ~130.9pips~

■御礼
アクセスが10,000件を超えたので、皆さまに御礼を。
前回5000件を超えた時に御礼を申し上げましたが、それは4/26の事でありました。
皆様にはこのような酔狂なブログにお越しいただき、また、お付き合い頂き、とてもありがたい事と深謝申し上げます。

以前にも何度か書きましたが、拙ブログは、私がメタトレーダーでの取引をはじめた事をきっかけに、自分のための備忘録という位置づけで始めたものでしたので、当初は全く飾りっけの無いブログでした。
しかしこうしてアクセス数が伸び、日常的にブログ村のリンクをクリックして下さる方も出てきてくださったため、少しずつ、人様がご覧になられる事も想定した内容に変更させて頂いております。
ただ、私は、人間は年齢や性別によって役割は違うとは思いますが、基本的には対等であると考えているため、人様に媚びる事があまり上手くありません。
これからもぶっきらぼうな内容のブログである事は変わらず、このため、不快に思われる方もいらっしゃるかと思いますが、もし気に入ってくださったのであれば、末永くお付き合い頂きたいと思います。

今後ともよろしくお願い申し上げます。


■総括(それぞれのサーバータイムで24時〆)
22日〆分もプラスで終了。
(損失補てんにはまだまだ足りませんが…)


USDJPYはあれから確かに下がったものの、下がり切らずにダブルボトム後に反発した。
裁量で入ったトレードでは微益撤退した。
今後は…。方向性はつかみにくいが、ドルベアの見方は変わっていない。


EA_Sについては、Alpari_1口座はそのうち損失をカバー出来ると踏んでいる。
他2口座はチャレンジ設定だったため、証拠金の4/5が飛びロット数が上がらない。
取り返すのはいつになるのだろう。
投資のもっとも重要なテーマは、資金管理にあるとする方が多くいらっしゃり、まさに今、証拠金を減らさず、生き伸びる事が最も重要なテーマであるかを身をもって感じている。
チャレンジ設定はもうやる事は無いので、増資した方が良いかも。


EA_AはAlpariでスプレッドフィルターが働いてトレードが無かった。
ただ、記憶ではフィルターをfalseにしていたはずだったのだが…。
多分前日のDDでビビってtrueに変更したのだと思う。
良い機会なので、どちらにすべきか再考しようと思う。


EA_Oはまだトレードを開始したばかりなので何とも言えない。
ただ、4桁ブローカーの方が動きが安定しそうな感じはしている。
1トレードあたりの保有時間も10分以上が殆どなので、FXcastでも問題なく運用できる。
ただ、昨日も書いたが4xpのバックテストでは、勝てない時期が長くあるので実運用には向かなそう。
トレード可能時間もかなり長いEAなので、今後が楽しみだ。


SP-002は先週もそうだったが、Alpariではあまり稼げていない。
こちらも再考したい。


■口座/EA別損益 (それぞれのサーバータイムで24時〆)


■Alpari-UK 口座2の履歴

■FXcast ヘッジトレーディングのデモ履歴

■使用中のEA
[EA_A] = スキャルEA。EURGBP、EURCHFで使用(決済までの時間設定可能)。
[EA_S] = スキャルEA。USDJPYで4バージョン使用。
[EA_O] = スキャル?EA。EURCHFで使用。
FXSP-002 = EURGBPとEURCHFがセットになったEA。

■テスト中のEA
[EA_X] = スウィングEA。EURUSDで使用。
[EA_V] = スウィングEA。GBPJPYで使用。
[KG_RSDC] = 多通貨バスケットトレーディングEA。

■使用を停止しているEA
FapTurbo = EURGBPを収益の中心にした複合型スキャルEA。 ⇒使用停止
Xtreme-EURGBP = EURGBPのスキャルEA。改造して運用。 ⇒使用停止
[EA_B] = スキャルEA。GBPCHFで使用。 ⇒使用停止
[EA_N] = スウィングEA。EURGBPとUSDJPYで使用。 ⇒使用停止
[EA_T] = スキャルEA(決済までの時間設定可能)。 ⇒使用停止


●おまけ
ブログ左袖にある『Play Table』の曲を変更。
ついでにアクセスカウンターの調子が今一つのように感じたのでFC2のものに変更しました。

『Play Table』は、いつもながらに一貫性の無い選曲です(笑)。
そろそろクラシックに行きたいなと思っていたのですが、なかなか思った動画を再生してくれない ので、『Play Tbale』では手が出しにくいところです。
前回からの絡みと言う事であれば、昭和っぽい匂いと言う事で似ているかも知れません。
さらにこんな曲はいかがでしょう。



これもちょっと『昭和臭』しませんか。
ちょっと古いんですが…。



ブログランキング・にほんブログ村へ

5月21日のトレード ~248.9pips~

■総括(それぞれのサーバータイムで24時〆)
昨日あんな事を書いたからだろうか、久しぶりにEURGBPのEAが全盛時を思わせる動きをした。
今後も続いてくれるとありがたいですね。


KG_RSのピンチヒッターで動かしていたはずの『ヘッジトレーディングEA』がすこぶる調子良い。
11戦無敗。今週だけできっちり$100を稼いでいる。
リアルでいってしまおうかとも迷うが、SLの機能が無いので負け方を考えておかないと…。


4xpの方は、出金を依頼したが、カード入金の際は銀行には出金できないとの事だった。
あれ以来、非常に早い対応になっている事だし、たかだか$100程度しか口座に残っていない事を考えても、どうせだから『ヘッジトレーディングEA』でも動かしてみようかな。などと未練タラタラ。


EA_Oは調整中。
やはり動く時間に色々といじるのは良くない。
お陰で余計なポジを持ってしまって損失が出てしまった。
テスト結果ではFXcastとの相性が非常に良さそう。
同じ4桁でも4xpはボロボロ。ボラの違いか…。
Alpariはテストでは黒字だがスプレッドが広がっていてちょっと怖い。


USDJPYはその後、95円と94円を行ったり来たり。
そのうちまた下落するのも時間の問題かと思います。
今度の目標は、3/19の安値93.46ですか。これを切るとどこまで行くんでしょうね。
おらっちが持っていたZARJPYは5枚切りました。
これで随分軽くなったので、今回のUSDJPYの連れ安からの上昇時にまた仕込みたいと目論んでいます。
10円切ってくれないかなー。


■口座/EA別損益 (それぞれのサーバータイムで24時〆)


■Alpari-UK 口座2の履歴

■FXcast ヘッジトレーディングのデモ履歴

■使用中のEA
[EA_A] = スキャルEA。EURGBP、EURCHFで使用(決済までの時間設定可能)。
[EA_S] = スキャルEA。USDJPYで4バージョン使用。
FXSP-002 = EURGBPとEURCHFがセットになったEA。

■テスト中のEA
[EA_X] = スウィングEA。EURUSDで使用。
[EA_V] = スウィングEA。GBPJPYで使用。
[KG_RSDC] = 多通貨バスケットトレーディングEA。

■使用を停止しているEA
FapTurbo = EURGBPを収益の中心にした複合型スキャルEA。 ⇒使用停止
Xtreme-EURGBP = EURGBPのスキャルEA。改造して運用。 ⇒使用停止
[EA_B] = スキャルEA。GBPCHFで使用。 ⇒使用停止
[EA_N] = スウィングEA。EURGBPとUSDJPYで使用。 ⇒使用停止
[EA_T] = スキャルEA(決済までの時間設定可能)。 ⇒使用停止


●おまけ
昨日の『おまけ』の続き。


ボラが低くなった要因って何だろうか?と考えてみました。


ぱっと考えた程度ですが、おらっちは2つ思い浮かびました。

1つ目は、業者側が作り出した原因。
2つ目は、我々自身が作り出した原因。


1つ目は簡単な発想ですが、やはり業者がこのペアについては値動きを鈍くするように手を加えているのでは?ということ。ありがちな話ですが、もしそうであっても、我々トレーダーはこれに則ってやるしか無いので致し方ない事と思います。


2つ目はトレーダーの数に関係する問題ですが、基本的には、市場参加者が多い時はボラが低くなる傾向があると思います(もちろん例外もあります)。
そうすると、もともとはあまり参加者がいなくてボラが高かったのに、最近はEURGBPのEAが行き渡り、参加者が多くなったからボラが低くなったと考える事も出来ると思うのです。 MT4を使って自動売買している人はそれほど多くは無いと思いますが、自動売買をしている人たちの殆どがこのペア用のEAを動かしているのではないでしょうか。
皆が皆、同じ方向の逆張りスキャルトレードをするわけですから、当然ボラは低くなり、たまにトレンドが発生すると、みんなでナンピンを繰り返し、トレンドは大きくなる。そうは考えられないでしょうか。
そしてこの先も、自分でトレードする事よりも、これらのEAを売る事に重点を置いたサイトは減らないでしょうから、今のEAではもっともっと稼げなくなるどころか、逆ザヤになる可能性が高いと言えるのではないでしょうか…。


そろそろ(もうあるかも知れませんが)、「EURGBPスキャル狩りEA」なんてのを考えだして、実践に移している方などもいらっしゃるかも知れませんね。
何せ、相場は生き馬の目を抜く世界。
誰かの利益は誰かの損失。
そう考えると私たちが使っているEAも、もしかすると「誰かのEA狩りEA」なのかも知れません。



ブログランキング・にほんブログ村へ

5月20日のトレード ~+43.6pips~

■総括(それぞれのサーバータイムで24時〆)
ショボッ。
証拠金が減った事もあるが、それよりも取引数の減少がこのショボさの原因だろう。


今朝から新たなEURCHFのEAを導入した。
すでに1回のトレードを行ったので、明日分から集計に乗ってくることになる。
ドネーションEAだが、まだ日本ではそれほど知られていないようで、作者、EA名でググってみても、日本語のページは出てこなかった。


いつものように、ライブ投入の際にEAの名前を変更して投入した。
今回のEAの名前は『大国主命(おおくにぬしのみこと)』にした。
かの神様は、出雲神話『因幡の白兎』で、ワニを騙したために皮を剥がれてしまった白兎を助けた神様とされている。
おらっちも、皮を剥がれてしまったような状況なので(笑)、この神様に助けてもらおうということもありこの名前に決定した。
集計表に出るときは、「O_EURCHF」と記述する。


■口座/EA別損益 (それぞれのサーバータイムで24時〆)


■Alpari-UK 口座2の履歴

■FXcast ヘッジトレーディングのデモ履歴

■使用中のEA
[EA_A] = スキャルEA。EURGBP、EURCHFで使用(決済までの時間設定可能)。
[EA_S] = スキャルEA。USDJPYで4バージョン使用。
FXSP-002 = EURGBPとEURCHFがセットになったEA。

■テスト中のEA
[EA_X] = スウィングEA。EURUSDで使用。
[EA_V] = スウィングEA。GBPJPYで使用。
[KG_RSDC] = 多通貨バスケットトレーディングEA。

■使用を停止しているEA
FapTurbo = EURGBPを収益の中心にした複合型スキャルEA。 ⇒使用停止
Xtreme-EURGBP = EURGBPのスキャルEA。改造して運用。 ⇒使用停止
[EA_B] = スキャルEA。GBPCHFで使用。 ⇒使用停止
[EA_N] = スウィングEA。EURGBPとUSDJPYで使用。 ⇒使用停止
[EA_T] = スキャルEA(決済までの時間設定可能)。 ⇒使用停止


●おまけ
この「おまけ」まで読まれている方がどのくらいいらっしゃるか分からないが、今日は意外に大事な「おまけ」だと思う。
新たなEAを導入したと書いたが、このEAの作者が自信のブログで少し気になることを書かれていたので報告したい。
ブログに書いてある事をインチキ英語で訳すと…。


EURGBPは、トレーダーがスキャルピングをするには有名な通貨ペアだろう。
『Automatic Trading Championship 2008』において、2つのEAがこのペアでトレードし、ともに、選手権が終了した段階で開始からの利益率が1000%という驚異的な成績を誇って2位、3位に入賞したのは特筆すべきだ。
そしてその結果を受けて全てのブローカーは、MT4プラットフォームのEURGBPのスプレッドを広げ始めた。
それ以降、ほとんどのEURGBP用EAは損失を受ける事となった。


私の考えでは、それでもそれらはボラティリティが高い間はまだ利益を出す事が出来た。
もしあなたがスキャルピングのEAを持っていたなら、このペアのアジアンセッションでバックテストしてみると良い。2008年の12月までなら、スプレッド5でも利益を出す事が出来るだろう。
けれども、2009年以降におなじEAでテストしたとしたら、あなたは必ず損失を被るだろう。
原因はボラティリティの低下だ。
良く考えて見てほしい、ボラが低い時のスキャルピングを誰が好むというのだろうか…。


だそうです。
おらっちも何度か「ボラが低すぎる」と言ってきましたが、やはりそろそろEURGBPの既存の考え方のEAは難しい相場状況になったのかも知れませんねぇ。



ブログランキング・にほんブログ村へ

5月19日のトレード ~-2042.3pips~

■総括(それぞれのサーバータイムで24時〆)
「やるやる」とは聞いていたが…。
こうして数字でバーンと見せられるとさすがにヘコみますなぁ。
EAでの初の1日損失$1,000越え。今回ばかりは嫁には言えそうにないぞ。
(FXproでもあったが、入院中でリアルタイムには見ていない)


損失額が微妙に違うのは、チャレンジ2口座でロスカットに合わせて朝の段階で損切ったため。
Alpati_1はロスカットの心配が無かったので保持し、その後の下げでEA自身が損切りした。
なお4xpは、サーバータイムが異なるので2日にまたがっている。
結局レバレッジの高いAlpariで損失額が多くなり、こんなところで今夏に金融庁が予定しているレバレッジ規制を思い浮かべてしまった。


さてこれからどうしたものか…。
「新しいEAでも買っちゃう?」
軽い調子で書いてみたが、やはり気持は軽くならない。
いかんいかん。真面目に考えなくては。
とは言え、軍資金は確実に10万円減ったワケで、投入を予定していた新たなフリーEAも難しくなってしまった。
やはりしばらくは大人しくするべきか…。
Alpari_1は当初のまま運用し、Alpari_2はちょっと考えようと思う。
FXcastも基本このままの運用となるが、使っているEAのパフォーマンスが落ちてきている事が非常に気になる。
さっきの冗談ではないが、そろそろ別のEAの購入を真面目に検討してみようか…。


※〆時間の記載を変更しました。


■口座/EA別損益 (それぞれのサーバータイムで24時〆)


■Alpari-UK 口座2の履歴

■FXcast ヘッジトレーディングのデモ履歴

■使用中のEA
[EA_A] = スキャルEA。EURGBP、EURCHFで使用(決済までの時間設定可能)。
[EA_S] = スキャルEA。USDJPYで4バージョン使用。
FXSP-002 = EURGBPとEURCHFがセットになったEA。

■テスト中のEA
[EA_X] = スウィングEA。EURUSDで使用。
[EA_V] = スウィングEA。GBPJPYで使用。
[KG_RSDC] = 多通貨バスケットトレーディングEA。

■使用を停止しているEA
FapTurbo = EURGBPを収益の中心にした複合型スキャルEA。 ⇒使用停止
Xtreme-EURGBP = EURGBPのスキャルEA。改造して運用。 ⇒使用停止
[EA_B] = スキャルEA。GBPCHFで使用。 ⇒使用停止
[EA_N] = スウィングEA。EURGBPとUSDJPYで使用。 ⇒使用停止
[EA_T] = スキャルEA(決済までの時間設定可能)。 ⇒使用停止


●おまけ
デモ運用しているヘッジトレーディングEAだが、当初の出だしは良かったものの、今は長らくハマっている。
現況ではこのままGBP高EUR安に進むと損失が拡大する事になる。
となると、どこかで損切りが必要になるわけだが、このEAにはその機能は無い。
自分で、「ここら辺?」ってところで英断を下す必要がありそうだ。
ウーン。やはり普通にEURGBPの取引をした方が確実なのだろうか…。



ブログランキング・にほんブログ村へ

フォレックスプレイス(Forex Place)4xpについて

先日来、拙ブログに「例のブローカー」として登場して来たブローカーは『4xp』であった。
ご紹介できるようになったらブローカー名を明かすお約束だったので、ご紹介したい。
ここに書く事はおらっちが体験したことなので、ほかの方には当てはまらないかも知れないが、事実だけを書くので、口座を開設されている方、これから開設しようと思っている方は参考にされて欲しい。
必ず最後まで読んで、ご自分でご判断いただきたい。


フォレックスプレイス(Forex Place) ⇒ こちら


●特徴
このブローカーの目玉は何と言ってもEURGBPのスプレッドが、今時そうは無い『3』であるという事だろう。
レバレッジは最大1:300とMT4ブローカーとしては低めに設定されているものの、日本のブローカーに比べると十分と言える。
マイクロロットもあり、最低入金$100からと、条件としても悪くない。
クレジットカードでの入金もできるので手軽に取引が開始できるところも有難い。


●トレードの際の使用感
おらっちもEURGBPのスプレッドに釣られて口座開設を申し込み、早速入金、トレードを始めてみた。
トレードをしてみた感想としては、気配値が4桁であるからなのか、まだトレードされる方が少ないからなのか、値動きが非常にマイルドで、値足のヒゲが出現しにくく、逆張りスキャルはポジションが取り難いようだった。


●雑感
トレードに関しては特に問題なく行えると思われるが、サポート体制が非常に気にくわなかった。
メールで質問を送ったのだが、1週間放っておかれ、督促のメールにも反応が無く、1週間後に来た返信には忙しかった事を匂わせる文章が入っていて非常に驚いた。
サポートを担当する人間が「忙しい」で返答できないとはどういう事なのだろうか?

「忙しかったんだって」。
「あそう、じゃぁしょうがないねぇ」。

あなたならそう思うだろうか?
おらっちは残念ながらそうは思えない。
おらっちも他の業種ならそんなに目くじらを立てる事は無いが、ブローカーでは許されない事と思う。
「返答まで確認が必要であり、多少お時間を頂きたい」という1通のメールがなぜ出せないのか。


さらに、ライブチャットを使って返答を催促するも、「俺が今すぐに電話してやるから電話番号を教えろ(怖いでしょー)」の一点張りで、こちらの「返答をもらえるように伝えてくれればそれで良い」との押し問答になったが、結局その後10分間放置され、メッセージを送っても返答が無いので、頭にきてこちらから切った。
かの会社はそういうスタンスらしい。
先日EURGBPで異様に長い上ひげが発生し、トレードしていない時間だったので影響は無かったものの、そんな時にはどうやって連絡を取れば良いというのか。


おらっちはこんな危ない会社に自分の金を預ける積もりはさらさら無い。
と言う事で出金(微々たるものだが…)&口座閉鎖決定。
今後は着金待ちという事になるが、今週中か来週頭には着金する予定なので、着金したら(しなくても)またレポートしたいと思う。



ブログランキング・にほんブログ村へ

5月18日のトレード ~-285.7pips~

■総括(GMT+1で24時〆)
うぬぬぬ。帰ってきてチャートを確認すると、一瞬の下げでEAが損切ってしまった。
外出中だったとは言え、少し悔しい。


今朝の書き込みで、ネックラインに触りそうなところの画像を掲載したが、その後再度上昇し、今度は完全にネックラインを踏んだところから少しずつ下がりはじめてきている。
この後は…、定石から行くと下げで間違いないのだが、はてさてどうなるか…。


と、言う事で明日〆分では大損失を被っている。
計算していないが、少なく見積もっても$1,000以上は行っている事と思う。「やっちまったなー」である。
そのうち2/3は例のチャレンジ口座。ギャンブルのようなセッティングをやってみて「どうなるか?」の実験だから、これは仕方がない。最初からそうなる事は決まっていたようなものだった。
このブログをご覧の方は、「馬鹿だねー」と笑って、ご自分がトレードされる時の参考にして頂けるとありがたい。

この損失を受け、実験は終了で良いと思う。
例のブローカーからは出金してAlpariに移し、また違った取り組みをしてみたい。
例えば、昨日紹介したヘッジトレードのEAだが、「そんな回りくどい事をしなくても、サインに応じてEURGBPをトレードすれば良いじゃん」と思われた方も居たはずと思うので、普通のEURGBPのEAとでは、どちらが安全に稼げるかとかでも面白いかも。
(実験はデモ口座でやれば良いのだが…)
まぁ、そんな事を考えている。


■口座/EA別損益 (GMT+1で24時〆)


■Alpari-UK 口座2の履歴

■FXcast ヘッジトレーディングのデモ履歴

■使用中のEA
[EA_A] = スキャルEA。EURGBP、EURCHFで使用(決済までの時間設定可能)。
[EA_S] = スキャルEA。USDJPYで4バージョン使用。
FXSP-002 = EURGBPとEURCHFがセットになったEA。

■テスト中のEA
[EA_X] = スウィングEA。EURUSDで使用。
[EA_V] = スウィングEA。GBPJPYで使用。
[KG_RSDC] = 多通貨バスケットトレーディングEA。

■使用を停止しているEA
FapTurbo = EURGBPを収益の中心にした複合型スキャルEA。 ⇒使用停止
Xtreme-EURGBP = EURGBPのスキャルEA。改造して運用。 ⇒使用停止
[EA_B] = スキャルEA。GBPCHFで使用。 ⇒使用停止
[EA_N] = スウィングEA。EURGBPとUSDJPYで使用。 ⇒使用停止
[EA_T] = スキャルEA(決済までの時間設定可能)。 ⇒使用停止


●おまけ
後ほど、例のブローカーについて別記で投稿します。



ブログランキング・にほんブログ村へ

まだ踏ん張ってます!!

おはようございます。
予想に反してUDJPYが動いてしまい、含み損が莫大です。
特にチャレンジ設定の2口座は3ポジ損切りましたが、いまだにロスカット寸前(笑)。
無傷なのは、USDJPYの取引が無いFXcastのみです。
やっぱり無謀なチャレンジはダメなんですねぇ。
残高とかのデータが入っているラインが赤く点灯するのを初めて見ました。


しかし、まだまだ諦めてませんよ。
って事で粘りの根拠をば…。



どーですか。ヘッドアンドショルダーのネックラインのところで反転しそうな雰囲気じゃないですか?
え?ダメ?そーですよねー。ここまで裏切られると、全然自信無いです。
でも、これが下がり始めると…。87.2まであることになる…。
いや、無いな。こりゃ。無い無い。
では、この後もチャレンジ口座(AL_2)の状況をお楽しみに。
おらっちは出かけねばなりません。



ブログランキング・にほんブログ村へ

昨日発見した面白そうなEA

■ヘッジトレーディングEA
先週末のフリーズを受けて、KG_RSを一時検証中止にしている。
で、何か代わりに動かすEAは無いかと思い、昨日あちこちを探検し、適当なEAがあったので今日からKG_RSの代わりにデモ口座で稼働させている。


このEAはGBPJPYをベースカレンシーに、EURJPYをヘッジカレンシーにして、CCIの値によって①「GBP⇒BUY、EUR⇒SELL」または②「GBP⇒SELL、EUR⇒BUY」するEAだ。
過去、このブログでもチラリと紹介したことがあるのだが『アービトラージ』という言葉、ご存知の方も多いと思う。
このEAは、相関性の高い2つの銘柄で売りと買いを行い、その差益を得る事を目的にした投資手法、『アービトラージ』を利用したEAと言える。


例えば、上記の2通貨ペアで取引をした場合、双方の通貨ペアは相関性が高いため、一方が上昇すると、多くの場合、もう一方も上昇する事になる。
当然、全く同じ割合で上昇した場合には、利益を期待できないどころか手数料(スプレッド)負けになるのだが、2つの通貨ペアがいつでも全く同じ動きになる事などまずあり得ない。
双方はほぼ同じ動きをするものの、くっついたり離れたり、その差は一定では無いはずだ。
(もし同じ動きをするのであれば、EURGBPはいつでも同じレートになるはず)
そして、そのような動きを繰り返す中で、双方のかい離が、いつもよりも大きくなったり、狭くなったりする事が稀にある。
で、この動きに目を付けたのが『アービトラージ』という投資手法だ。


わっかるかなー。説明が下手で分かンねーだろーなー。
と言う事で、ウィキペディアへのリンクを貼っておく。


・ウィキペディア ⇒ 裁定取引


いかがだっただろう。さすがに分かりやすい説明だったと思う。
例示が現物と先物についてだったと思うが、これをGBPとEURに置き換えて考えて頂きたい。
で、今テストしているのが、この手法のGBPJPYとEURJPYのパターンという事になる。
KG_RSのようなバスケットトレーディングとは少し違うが、これも面白いと思うので、お楽しみいただきたい。
なお、KG_RSの口座でそのまま続けているので、スタートは5月18日、€909.38からとなっている。


・FXcast ヘッジトレーディングのデモ履歴(クリックで詳細へ)



■USDJPYについて
出先から戻ってみたらすごい事になっていた。まさかここまでとは…。
週明けの新たなニュースとしては、「消費者動向」の改善と、ムーディーズの格付け変更、その後、杉本財務次官の発言などなどで『上昇』だそうな。
お陰で含み損がいっぱい。このまま上に走られると損害は大きそうだ。
この後は…、戻すとすれば95.2近辺まででしょうかねぇ…。今は切る気にもなれず、指をくわえて眺めるしか無さそうですね。



ブログランキング・にほんブログ村へ

今週の結果 +485.84pips

■総括
先週と打って変わったこの結果(笑)。
先週との違いは…、GBPCHFを止めた事と、ロットバランスとパラメーターを見直したくらい、チャレンジ設定の『Alpari_AC2』と『?』以外の2口座はそれほどリスクは高く無いはずなので、EAの勝率が良かったということなのだろう。


今週は『今日の備忘録』でも何度か書いたが、やはりEURCHFの成績がイマイチ。
一応はプラスにはなったが、EAのロジック、エッジが利いているトレードとは言いにくい「危ない橋」になっている事は否めない。来週も注意して見守りたい。


来週に向けては、昨日、各口座で運用するEA、ロットバランスを再度見直し、より安定して運用できるだろうフォーメーションに変えてみた。
EA_AのEURCHFはチャレンジ設定の口座(『Alpari_AC2』と『?』)の運用から外した。
SP-002についても、EURCHFはFXcastのみでの運用に変更した。
EA_Sは、運用するバージョンを入れ替えた。
果たして吉と出るか凶と出るか…。


■口座/EA別損益 (各週〆)


■使用中のEA
[EA_A] = スキャルEA。EURGBP、EURCHFで使用(決済までの時間設定可能)。
[EA_S] = スキャルEA。USDJPYで4バージョン使用。
FXSP-002 = EURGBPとEURCHFがセットになったEA。

■テスト中のEA
[EA_X] = スウィングEA。EURUSDで使用。
[EA_V] = スウィングEA。GBPJPYで使用。
[KG_RSDC] = 多通貨バスケットトレーディングEA。

■使用を停止しているEA
FapTurbo = EURGBPを収益の中心にした複合型スキャルEA。 ⇒使用停止
Xtreme-EURGBP = EURGBPのスキャルEA。改造して運用。 ⇒使用停止
[EA_B] = スキャルEA。GBPCHFで使用。 ⇒使用停止
[EA_N] = スウィングEA。EURGBPとUSDJPYで使用。 ⇒使用停止
[EA_T] = スキャルEA(決済までの時間設定可能)。 ⇒使用停止


●おまけ
総括に「フォーメーション」という言葉が出てきた。
おらっちが運用しているEAは3つで5通貨ペア分しか無いので、強いて言えばバスケットボールか。サッカーの11人には程遠い。
EA_Aがガード、SP-002がフォワードで、EA_Sがセンターということになるだろうか。
出来ればサッカーのように11種類まで増やす事が出来ればかなり安定したトレードになると思うのだが…。


はてさて、来週から稼働させるMT4プラットフォームが増えてしまった。
KG_RSを動かす隙間があるかどうか少し疑問だ。
昼間は動かせるかもしれないが、夜は分からない。
楽しみにされている方も、少しはいらっしゃることと思う。が、もしかすると動かせないかも知れない。その際はどうかご容赦いただきたい。



ブログランキング・にほんブログ村へ

5月15日のトレード ~-16.60pips~

■総括(GMT+1で24時〆)
昨日はどのペアも大きく動いた日だったようだが、USDJPYもご多聞にもれずボラタイルな動きとなった。
このため一時含み損が大きくなり、ビビリが入って損失確定した。
そのまま持ち続けていれば、しっかりと戻して黒字決済になっていたものを、下手クソな主人のせいで、成績の良かったEAに土を付けてしまった。
ただ、その後も続いた値動きでさらにポジションを取り、合計の損益では微減ですり抜ける事が出来た。


最近の傾向通り、昨日締め分でも、GBP、CHFともにトレード数が少なかった。
チャートを見ても確かに一時期のような、ちょうど良い幅での上下動が少なくなってきているように見える。
小さな値幅で動き、行くときはドンと上に、または下にといった具合で、EAの調子もあまり芳しくない。
また以前のような動きに戻る事もあると思うので、今はリスクを小さくして細々とトレードに臨みたいと思っている。


今後のUSDJPYの動きは週が明けてみないことには何とも言えないが、1/21の安値87.09と4/6の高値101.4の38.2%戻しである96円近辺を3日前に通過し、一昨日、昨日と、ここを上蓋にして動いているため、新たな要素が出ない限りはまだ下落が続く可能性の方が高いと思う。
今後は、50%戻しの94.2近辺と、61.8%戻しの92.5近辺が目標地点となる。
この間、3/19の安値93.5が挟まっているので、ここもポイントだろう。
為替の動きは政党支持率の世論調査のようなものなので、側近の疑惑のような大きな話題が明るみになり、世論に一定の見方が出ない限りは、大まかではベアでありつつ、目先ではどっちつかずの荒い値動きになるものと想像している。
ビッグプレーヤー次第といったところだろう。
一気に上下する可能性も高いので、ピボット、レジスタンスも見ながら冷静に判断したいと思う。


■口座/EA別損益 (GMT+1で24時〆)


■Alpari-UK 口座2の履歴(クリックで詳細へ)

■FXcast KG_RSのデモ履歴(クリックで詳細へ)

■使用中のEA
[EA_A] = スキャルEA。EURGBP、EURCHFで使用(決済までの時間設定可能)。
[EA_S] = スキャルEA。USDJPYで4バージョン使用。
FXSP-002 = EURGBPとEURCHFがセットになったEA。

■テスト中のEA
[EA_X] = スウィングEA。EURUSDで使用。
[EA_V] = スウィングEA。GBPJPYで使用。
[KG_RSDC] = 多通貨バスケットトレーディングEA。

■使用を停止しているEA
FapTurbo = EURGBPを収益の中心にした複合型スキャルEA。 ⇒使用停止
Xtreme-EURGBP = EURGBPのスキャルEA。改造して運用。 ⇒使用停止
[EA_B] = スキャルEA。GBPCHFで使用。 ⇒使用停止
[EA_N] = スウィングEA。EURGBPとUSDJPYで使用。 ⇒使用停止
[EA_T] = スキャルEA(決済までの時間設定可能)。 ⇒使用停止


●おまけ
KG_RSは今週末は放っておこうと思う。
ちょっと違う事に時間を使いたい。


例のブローカーだが、残念ながらまだ返答が無い。
この話題は、読んでもあまり愉快になる話では無いと思うので、新たな動きが出るまでは報告しない事にしたい。なのでその前に一点だけ紹介しておきたい。
紹介したいことというのは、値動きの仕方に関してである。
このブローカーは4桁のブローカーで、マイクロロットの取扱もある。


■例のブローカーのEURGBPのチャート

■Alpari-UKのEURGBPのチャート


パッと見、あまり気にならないと思うが、良く見ると、ヒゲが少ないと感じないだろうか?
もっと良く見ると、ヒゲもそうだが、実態部分も短いように見えるのはおらっちだけだろうか?
比較対象がAlpariなので、5桁と4桁の違いがあり、全く同じ動きになる事は無いと思う。
が、やはり実際にEAで取引して見ても、この分、少し取引数が少なくなるようだ。
おらっちはまだこのブローカーについて、適正かどうかの判断はしていないが、こんなところにも注意したいと思う。



ブログランキング・にほんブログ村へ

激しい1日が終わったようです。

いやはや何とも…。
すごい1日になりましたねぇ。



最初の下げで出来た大きな含み損は、結局待つ勇気が無く95円手前で損切りしてしまいました。
ys2868さんとのやり取りでも「95.1円は確実」と考えていたのですが、損失確定を優先させました。ダメな主人です(EAの)。
結局半値戻しまでやって、また下落、その後半値戻しと…、ここまでやらかす日もなかなか無いんじゃないかと思います。
損切り後4度ポジションを持つタイミングあり、かなり取り戻す事が出来ました。
感謝ですね。


さ、今日はおらっちが使っているEAが稼働する値動きにはならないと思いますので、EAを止めて寝る事にします。
集計はまた明日。


そうそう、MusicTableに設定している音楽を「長谷川きよし」さんに変えました。
何でも、若いアーティストの方々に絶大な人気があるそうで、ご存知の方にとっては、「え?知らないの?」って感じなんでしょうね。
ただ、『黒の舟唄』だけは子供のころに聞いたことがあるような気がします。
playボタンを押すと、「うつろな秋に」の映像が出ると思いますが、この方は長谷川きよしさんではありません。
曲名が選べますので、飛ばして聞いてください。


で、この曲を聴いていて思い出したのが「私だけの十字架」。
『特捜最前線』のエンディングテーマで、高校生くらいのころに妙に気になる曲でした。
ってことで、最後に貼り付けておきます。
これはフルコーラスバージョンなので、ドラマで流れていたのとはちょっと雰囲気が違います。




ブログランキング・にほんブログ村へ

さーてどこで切ろうかな。


USDJPYのEAが完全にはめ込まれてしまった。
現在3口座で合計0.57Lotの-$350超!!
ここまでくればやり切った感が出ても良いとは思うが、時間帯が時間帯だけに、まだまだ仕掛けは続くでしょうな。
ヨーロッパの皆さんお手柔らかに。下の線だけは切らないでね。


5月14日のトレード ~+262.7pips~

■総括(GMT+1で24時〆)
今日も良い日となった。
先週の巨大な損失も、もうすぐ取り戻せるところまで来てくれた。
口座ごとに使うEAや設定、ロット数などをかなりイジッた事が奏功したのかと思いきや、最近物忘れが多くなってきたのか、全部を覚えていられなくなってしまった事を加味して考えると、ラッキー以外の何物でもないと思う(苦笑)。


EA_Aはいつにも増して取引数が少なかった。
日にちをまたいだ挙句、結局損切りになったポジションもいくつかあった。
なので明日〆分ではは今のところマイナス。


SP-002はまだロット数を小さくしてあるので、こんなものだろう。
だが、昨日FXcastであった大きな行って来いではSLに掛かっている。
他2ブローカーでは無かった値動きだったので痛かった。
もしこれが先週起こっていたら「狩られた」と感じる事だろう。
人間は(おらっちは)現金なものだ。


昨日書いたUSDJPYは、久しぶりに裁量エントリーをしたもののなかなか伸びず、結局、持合いを離れた22:00に同値撤退した。
なかなか思う通りにはならないものですなぁ。
ただ、これで下落が終わったとは思っていない。やはり日足では下落と考えている。
さて、今度はどこで入ろうかな。


■口座/EA別損益 (GMT+1で24時〆)


■Alpari-UK 口座2の履歴(クリックで詳細へ)

■FXcast KG_RSのデモ履歴(クリックで詳細へ)

■使用中のEA
[EA_A] = スキャルEA。EURGBP、EURCHFで使用(決済までの時間設定可能)。
[EA_S] = スキャルEA。USDJPYで4バージョン使用。
FXSP-002 = EURGBPとEURCHFがセットになったEA。

■テスト中のEA
[EA_X] = スウィングEA。EURUSDで使用。
[EA_V] = スウィングEA。GBPJPYで使用。
[KG_RSDC] = 多通貨バスケットトレーディングEA。

■使用を停止しているEA
FapTurbo = EURGBPを収益の中心にした複合型スキャルEA。 ⇒使用停止
Xtreme-EURGBP = EURGBPのスキャルEA。改造して運用。 ⇒使用停止
[EA_B] = スキャルEA。GBPCHFで使用。 ⇒使用停止
[EA_N] = スウィングEA。EURGBPとUSDJPYで使用。 ⇒使用停止
[EA_T] = スキャルEA(決済までの時間設定可能)。 ⇒使用停止


●おまけ
最近、『おまけ』に似たような事ばかり書いているので変えようと思い、昨日交換した『PlayTable』について途中まで書いたが、残念、今日もやはりKG_RSについて。
先ほどの大きな動きでPCがフリーズした。
想像でしか無いが、持っているポジション数が多くなりすぎて、監視し切れなくなったのではないかと思う。
それでなくともこの時間は3つのMT4を動かしているので、負荷がかかり過ぎたのだろう。
おかげでUSDJPYのポジションを取り損ねた。(多分6つ、都合$50程度)
これもテストのうちとは言え痛かった。
ということで、値動きが落ち着くのを待って全ポジ決済し取引ペア数を減らす事にする。
てか、メンドクサイEAだなぁ。


あぁ、USDJPY入り損ねた。
油断してたなぁ。



ブログランキング・にほんブログ村へ

5月13日のトレード ~+313.7pips~

■総括(GMT+1で24時〆)
今週は今のところ良い週になっている。
先週の損失を回復するまでには至っていないが、それでも1日の利益としては今の段階では充分過ぎるほど頂戴出来た。有難い。


昨日の取引からFXSP-002のGBPとCHFの両方をFXcastとAlpari_1口座に投入してみた。
初日はまぁまぁ。乗り切ってくれたようだ。
なお、AlpariではCHFのスプレッドフィルターを有効にしている。


毎日ちょっとずつ見直しをかけているが、EURCHFで稼働させているEA_Aがちょっと危ない雰囲気を醸し出していて不安だ。
FXcastでは問題なくイケると思うのだが、Alpariが…。
スプレッド拡大中の時間帯にバックテストをすると、結果オーライの取引が数多くみられるので、エッジが利いているとは言い難い取引になっているようだ。何だか嵌るととトコトン行ってしまいそうで怖い。


USDJPYは4/28の安値95.6を割りましたね。
次の節目は、ぐっと下がって3/19の93.5ですか。
フィボナッチで行くと、92.6程度まで行きそうな気配ですが、そこまで行くと90円台も間近ですね。
今のところ、昨日切った95.6を上蓋にしてレンジになっていますが、この後どうなるのか…。
日足の大きな流れでは、まだまだ下落と読みますが…。
95.6の戻り売りで入ってみようかな。


■口座/EA別損益 (GMT+1で24時〆)


■Alpari-UK 口座2の履歴(クリックで詳細へ)

■FXcast KG_RSのデモ履歴(クリックで詳細へ)

■使用中のEA
[EA_A] = スキャルEA。EURGBP、EURCHFで使用(決済までの時間設定可能)。
[EA_S] = スキャルEA。USDJPYで4バージョン使用。
FXSP-002 = EURGBPとEURCHFがセットになったEA。

■テスト中のEA
[EA_X] = スウィングEA。EURUSDで使用。
[EA_V] = スウィングEA。GBPJPYで使用。
[KG_RSDC] = 多通貨バスケットトレーディングEA。

■使用を停止しているEA
FapTurbo = EURGBPを収益の中心にした複合型スキャルEA。 ⇒使用停止
Xtreme-EURGBP = EURGBPのスキャルEA。改造して運用。 ⇒使用停止
[EA_B] = スキャルEA。GBPCHFで使用。 ⇒使用停止
[EA_N] = スウィングEA。EURGBPとUSDJPYで使用。 ⇒使用停止
[EA_T] = スキャルEA(決済までの時間設定可能)。 ⇒使用停止


●おまけ
KG_RSは随分と損失が増えてきている。
そろそろ動作確認という初期の目的は達したと思うのだが、ペア数が多すぎて最適なパラメーターを見つけようという気持ちがなかなか起きない(笑)。
差し当たり、損失が$100に達した時点でフィルターの設定を変えてみようと思う。


例のブローカーの件、どうやらロールオーバーが他のブローカーよりも1時間早いのではないかと思う。
このブローカーのサーバータイムは、AlpariやFXcastよりも1時間早いのだが、履歴を見た限りでは、3社ともに午前0時をまたぐポジションに関してロールオーバーが適用されている。
リアルタイムで見たわけでは無いので確実な情報とは言い難いのだが、もし間違いが無ければ、以前話題になったスワップ3倍デーの差益狙いが有効な事になる。
ふふふ。確実に稼げるかも。


がしかし、どうもリアクションが遅い。
一昨日に送ったメールの返答がまだ来ない。
なので、まだこの場で正式にブローカー名は明かせないし、もし紹介できたとしても、そういう所だと理解して使った方が良いと思う。
今まで使ってきたMT4ブローカーの4社をサポートの質で勝手に順位を付けると、スピード感とかゆい所に手が届くといった意味でFXcastはダントツだと思う。
次に英語でのやりとりが億劫だが、スピード感があり、たまに日本語でメールが来るAlpari。
次いであまり丁寧では無く、スピード感は無いものの、確実に日本語でやりとりができるFXDD。
最後に、日本語でのやりとりは出来るものの、返答の内容が見下す感じで何だかムカつくFXpro。
(あくまでも個人的な評価ですので悪しからず)
こんなカンジだと思う。が、最下位のFXproでさえ、質問を送った次の日には返答があった。
この程度で「サギだ」とは言わないが、FXブローカーのサポートとしてはちょっと残念な気がする。



ブログランキング・にほんブログ村へ

だー。

ダメだ。
全幅とサイドバーの幅を変えるタグが見つから無い。
いや、あるんだけど変更しても見た目が変わらない。
海外のモジュールらしくマニュアルもない。
うぬぬ、WordPressでもこんなに苦労しなかったのに…。
ちょっと気長に付き合って行く事にしますので、しばらくはスタイルが崩れるかも知れませんが、ご容赦ください。

ブログ改造中です。

すみません。
なんかオシャレなテンプレートを見つけたのでちょっと浮気しようとしたら、元のテンプレートに戻してもプラグインが表示されなくなってしまいました。
色々とイジッテもダメなので、このテンプレートに合わせようと思います。
しばらくの間、プラグイン(フリーワードも含めて)が表示されないと思いますが、ご了承ください。
特に相互リンク先の皆様大変申し訳ありません。

daisetsu22

5月12日のトレード ~+256.8pips~

■総括(GMT+1で24時〆)
久しぶりに安定したトレードになった日だったようだ。
毎日このくらいコンスタントに稼いでくれたら、やきもきしなくて済むのだが…。


チャートを見ると朝方にEURGBPがズッポリ上がってるところがある。
おらっちが使わせてもらってる3社は、どこも同じ動きだったが、取引が薄い時間帯とは言え、なかなか大きな動きだったようだ。お陰でSP-002のポジション(デモ口座)は狩られてしまっていた。
明けて13日〆分のトレードよりSP-002のリアル運用を再開しようか思案中。


USDJPYは基本下げ相場だと思っている。今度のは、ちとキツそうだ。
93円くらいで止まってくれることを祈っている。
なので、今持ってしまっているUSDJPYのロングは嫌なカンジ。
一度戻っておいで。


ZARは最後っ屁で11.70に指値を入れておいた。
動きによっては11.80以上まで付いて行く事も考えている。果たして届くか。


■口座/EA別損益 (GMT+1で24時〆)


■Alpari-UK 口座2の履歴(クリックで詳細へ)

■FXcast KG_RSのデモ履歴(クリックで詳細へ)

■使用中のEA
[EA_A] = スキャルEA。EURGBP、EURCHFで使用(決済までの時間設定可能)。
[EA_S] = スキャルEA。USDJPYで4バージョン使用。

■テスト中のEA
[EA_X] = スウィングEA。EURUSDで使用。
[EA_V] = スウィングEA。GBPJPYで使用。
[KG_RSDC] = 多通貨バスケットトレーディングEA。
FXSP-002 = EURGBPとEURCHFがセットになったEA。

■使用を停止しているEA
FapTurbo = EURGBPを収益の中心にした複合型スキャルEA。 ⇒使用停止
Xtreme-EURGBP = EURGBPのスキャルEA。改造して運用。 ⇒使用停止
[EA_B] = スキャルEA。GBPCHFで使用。 ⇒使用停止
[EA_N] = スウィングEA。EURGBPとUSDJPYで使用。 ⇒使用停止
[EA_T] = スキャルEA(決済までの時間設定可能)。 ⇒使用停止


●おまけ
KG_RSに関して。
稼働を始めてから一度エラーを吐いたが、その後は順調に動いている。
しかしあれですな。「乗れば利益、滑れば損失」と書きましたが、乗ると全ポジが黒字方向に動き、滑ると赤字方向に動きますな。今のところ。
指値するポイントはそんなに悪くないと思うのだが…、順張りロジックとするとSL値をもっと小さくすべきか…。
いやーそれじゃ刺さってばかりで稼げんだろう。
以前書いたように、やっぱり逆張りにした方がヨサゲな気もするなぁ。
ま、ほかのフィルターも使ってみない事にはねぇ。


昨日ちらりと紹介した新たなブローカーだが、メール&電話が来た。
「え?電話?」とも思ったが、直後に「EAが使えないよ」アラートが消え、マイクロロットにも変更された。
多分、あの電話をくださった方はIBなんでしょうなぁ。
まぁ、たかが$500(されど…)だけど入金もしてしまった事だし、今さら慌てる事もない。
クレジットにキャンペーンの$100も加算された事だし、とりあえずはトレードしてみている。
(このクレジット、累計10lotの取引で現金化されるらしい)
出金のテストも予定してますので、完了した段階でブローカー名をお知らせしますね。
それと、昨日の記事で大人げない悪態をつきましたが、これは削除させて頂きました。
おらっちもまだまだですなぁ(汗)。



ブログランキング・にほんブログ村へ

5月11日のトレード ~+72.9pips~

■総括(GMT+1で24時〆)
損益表の黒字を久しぶりに見た気がする(笑)。
明日〆分でも今のところは黒字。
さらにSP-002のデモ取引も黒字。
ドテンのタイミングなど、なかなか妙味のあるポジションメイクになっており、今のところは希望が持てそう。
今のところはAlpariの方が成績が良さそうだ。


※過去記事のみ続きを折りたたむ事にしました。
損益表などは下の[read more]をクリックし、続きをご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Continue reading

Home > 2009年05月

others
 
Recent Trackback
Search
Meta
Feeds
Access counter
     トレーダーズグリーンクラブ         

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。