Home > ブローカーに関するレポート

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

CashBackForexでFXDD ~続報~

おおおお、久しぶりの更新になってしまいました。
今日は先月の結果(ヒドイもんです)とFXDDの続報を載せます。
まずはFXDDの報告です。


■FXDDの続報
先日謝罪のメールを頂戴した事は書いたと思います。
で、その後何度かメールのやりとりをし、FXDDの考えを伺いましたので、それについて書きます。
なお、謝罪メールの内容については、掲載しません。理由は、自分が逆の立場だったらイヤだからです(笑)。ご容赦ください。
それと、やり取りの内容についてはかなり長くなりますし、意味不明な事などが出てくるので、私からの質問と、FXDDからの回答のみを掲載します。


Q1: CashBackForex のみ日本語のサポートが受けられないのは何故か?
(他の日本語IBサイトは受けられるのに、CashBackForexだと受けられない理由を知りたい)

A1: 日本の金融庁の規制で、pipバック(キャッシュバックの形態のうち)という方法での個人トレーダーへの営業活動が許されていないため。このため、誤解を招くことを避けるため、前回のような「CashBackForexに触れない」回答をした。


Q2: 私も海外での取引を検討する際、金融庁の規制は一応一読したが、そのような文言は拝見した事が無い。どこにそのような文言があるのか、お示し頂きたい。

A2: 弊社弁護士からの指示なので、どこに文言があるのかはお示し出来ない。


Q3: CashBackForex と通常の手続きで開いた口座を持つ場合、個々の口座に関するサポートは、通常の口座のものしか受けられない事は理解できるが、境目が曖昧になる事も考えられる。この場合、多少の融通を利かせてサポートに応じて頂けるか?

A3: 取引、プラットフォームの不具合等のテクニカルな質問、リクエストに関しては弊社で対応させていただく。


Q4: IBからの口座開設であるか、通常の口座開設であるかの区別を、我々ユーザー自身が見分ける方法はあるか?

A4: ない。もしお知り合いの方にご説明が必要無場合、www.fxdd.com から口座開設をして jp@fxdd.com へ質問を送って頂ければ対応させていただく。


Q5: では、もしIBからの口座開設であることを知らずにいて、そのIBが廃業した場合は御社でサポートして頂けると言う事か?(日本語のIBの意味)

A5: IBが廃業した場合は弊社で対応させていただく。


とまぁ、内容をギュッと縮小するとこのようなやり取りになります。
他にも問答はあるのですが、基本的には「CashBackForex」絡みの事には触れたくないというのが方針のようです。また、金融庁の規制についてですが、これについては私も個人的に探していますが、今のところは発見出来ていません。もしお心当たりの方がいらっしゃったらご教示ください。
また、CashBackForexでFXDDに口座開設される方は、以上のような対応になる事を理解した上で開設される事をお勧めします。


最後にFXDDから「弊社の日本語サポートは小さいチームですが、できる限り多くのお客様のサポートができるよう努めております。●●様を含む全てのお客様の意見から勉強させていただき、精進させていただきます。」とのことでした。


私のFXDDとのやりとりはこれで終わりますが、もしさらに突っ込まれ、ブログにその内容を公開されている方がいらっしゃれば、当該記事への拙ブログからのリンクをさせて頂けると有難いです。どうぞご一報ください。


ブログランキング・にほんブログ村へ

CashBackForexでのFXCMの口座開設について

すみません。「後で」と書きつつ、「明日」になってしまいました。


FXCMにもJapanデスクがあり、口座開設サイトがある事は皆さんご存知と思います。
今回はこちらに質問を投げかけてみました。
ただ、FXCMのサポートの方は大変丁寧なサポートをされる方のようで、ここに転載するとかなり長い事になります(笑)。ですので、要点のみをご紹介したいと思います。ご容赦ください。


Q1. CashBackForexでの口座開設でもFXCMの公式日本語サポートが受けられるのか?

A1. FXCMの口座であれば誰でも受けられる。
   ただし、直接開設された方が、こちらとしてはトラックしやすいので、万が一の時の対応は早いと思われる。
   また、直接開設した方が、他社へのりべートが行かずにより良い環境でトレード出来る。


Q2. 赤文字の一文に関して、ダイレクトに口座開設した方が有利なプライスが提示されたり、取引上有利に働く何かがあるのだろうか?

A2. 取引条件はIBによって異なるため一概には言えないが、業者によってはスプレッドの上乗せなどもあると考えられる。
   また、CashBackForexがFXCMとどのような契約をしているのかはサポートでは分からない。


Q3. 米国のレギュレーション変更により、FXCM-UKでの口座開設を考えているが。

A3. UKについてもNYの日本語デスクでサポートを行っている。


Q4. マイクロロットでも同じサポートが受けられるか?

A4. マイクロロットの電話・メールでのサポートは行っていない。サポートはミニロットから。


と言う事で、FXCMに関してはCashBackForexで口座開設してもサポートが受けられるそうです。
それとサポートに関してですが、1聞けば、2か3くらいの答えが返ってくる感じで、非常に心地よいサポートが受けられるようです。
個人的にはマイクロロットでの取引を希望していますので、FXCMでは口座開設は出来なそうですが、赤文字の一文が気にならず、さらにミニロットで取引されている方は検討されてみてはいかがでしょう。
と言う事で、FXCMの口座開設方法は後日ご紹介いたします。


それと、FXDDから謝罪のメールが届きましたが、やはり何を問題としているのかを理解されていないようでしたので、再度突っ込んだ質問を投げかけてみました。どこまで真摯に答えるのかを観察したいと考えています。


ブログランキング・にほんブログ村へ

CashBackForexでのFXDDとFXCMの口座開設について

先日はCashBackForexのAlpariでの口座開設&移行について紹介しました。


で、今回はFXDDとFXCMについて紹介するはずでしたが…、FXDDの口座開設をしようとCashBackForexのリンクをクリックしたところ英語のページが出てきたので、もしやと思って一昨日から昨日にかけて両者にメールで色々と質問を投げてみました。今回はこれについて書きたいと思います。


●FXDDへの質問

-----以下、引用-----

I write in Japanese.

お世話になります。
3点質問があります。恐れ入りますがご回答お願いいたします。

[CashBackForex] http://www.cashbackforex.com/ で口座を開設しようと考えています。
①この場合、日本語のサポートは問題なく受けられますでしょうか?
②取引上、不利になる事はありますでしょうか?
③マイクロロットでの取引も可能でしょうか?

お忙しいところ恐れ入りますが、ご回答ください。

-----以上、引用-----


●FXDDの回答

-----以下、引用-----

お問い合わせありがとうございます。質問の回答をさせていただきます。

1)CashBackForexに関しては日本語サポートありません。
2)CashBackForexにお問い合わせしてください。
3)CashBackForexにお問い合わせしてください。

宜しくお願いいたします。

-----以上、引用-----


私見:なんとぞんざいな回答でしょう。ただ、日本語サポートが受けられない事と②と③については突っ込んでも無駄っぽい事は理解できたので、①についてのみ少し角度を変えて聞いてみようと思いました。


●FXDDへの再度の質問

-----以下、引用-----

早速のご回答、誠にありがとうございます。
①に関して再度質問がございます。よろしくお願いいたします。

個人的にはFXDDには日本語の公式サポートがあるという認識ですが、CashBackForex
経由で開設した口座だとサポートが受けられないのはいかなる理由からでしょうか?

また、私は通常の行程で開設したと思われる口座がひとつあるのですが、これと並行
してCashBackForexで開設した口座でも取引を行う場合、通常の行程で開設した口座
のみサポートが受けられるという事でしょうか?

さらに、日本語のサポートが受けられる口座と受けられない口座を区分けする目印の
ようなものはありますでしょうか?
(一般の人間にも分かる目印があれば、友人にも注意を促す事が出来ます)

以上3点、お忙しいところ恐れ入りますが、ご回答よろしくお願いいたします。

-----以上、引用-----


FXDDの回答

-----以下、引用-----

お問い合わせありがとうございます。

CashBackForexにお問い合わせしていただき、あちらで口座開設に関しての質問をしてください。業務上、担当していないという理由です。宜しくお願いいたします。

-----以上、引用-----

私見:質問2通目で早くもケツを割りました(笑)。全く慇懃無礼な回答で、これ以上は聞くだけ時間の無駄と判断しました。これが通用するとはFXDDの日本語サポートはラクな仕事ですネ。


●FXDD:まとめ
CashBackForexであれ、他のIBであれ、全ての提携はFXDDが出所のはずです。
ましてや、プラットフォームをはじめ取引の内容についてはFXDDで提供しているもの。特に「通常の行程で開設した口座のみサポートが受けられるという事でしょうか?」と「口座を区分けする目印のようなものはありますでしょうか?」については明らかにFXDDの守備範囲で、無ければ「NO」とはっきり答えられる非常に簡単な質問です。が、『日本語サポート』の業務外であるから「オラシラネェベェ」ってのは、「メンドクセェコトキクナヨ」か、答えられないやましいところがあるかのどちらかと理解されても文句は言えないでしょうね。
ちなみに、私がFXDDで知っている日本人3名にもCCで(BCCではありません)メールは送っていたのですが、何の音沙汰もありません。と言う事は他の方も同じ意見。引いてはFXDD自体もそういう意見と考えても大きな間違いでは無さそうです。(したたかな組織であれば「なだめ役」がいて、出し入れをコントールするものですが、FXDDの組織や働く人間はそこまで成熟していないようです)。
以前のFXDDのサポートは、きちんとした過不足の無いサポートをされていたのに、同じ組織でも変われば変わるものです。
と言う事で、このブローカーも公正な取引が期待できないと考え、今まで持っていた口座は即座に閉じました(笑)。皆さんも独自にご判断されるのが良いかと思います。
それと、自分が薦められないものを紹介する積もりもありませんので、FXDDの口座開設の案内はこのブログではしません。もしご期待されていた方がいらっしゃったとしたら、大変申し訳ありません。
それでもと言う方がいらっしゃれば、キャッシュバックを受けるには、CashBackForexのリンクから口座開設をする必要がありますのでご注意ください。なお、その場合の申し込み画面はすべて英語になり、日本語の申し込み画面とは記入欄で異なる所が何箇所かあります。FXDDの公式サイトに日本語向けの口座開設のガイダンスがありますので、それをご覧になりながらチャレンジされてみてください。


FXCMは、ちょっと興味深い返答が来たのですが、FXDDに関してが随分と長くなってしまいましたので、また後ほど書きますね。


ブログランキング・にほんブログ村へ

フォレックスプレイス(Forex Place)4xpに関する続報

先日、フォレックスプレイス(以下、4xp)に関するレポートを掲載し、その後の経過もレポートするとお伝えした。
今回は、4xpから頂戴したメールを担当の方に許可を頂き、多少省略しつつここに掲載する事としたい。
(個人的な情報も含まれるので、省略する事をご了承いただきたい)
すべてのメールを掲載するのは、膨大な文字数になるので、さしあたり直近のものを紹介する。


なお、この回答のメールを頂戴するまでに、私はかなり辛辣な指摘を並べたメールを何度か送っている。
当然、メールだけでは判断できない部分は数多くあると思うし、私の心証も、まだ完全に良いものに変わった訳では無い(どちらかと聞かれれば、白黒五分五分といったところか)。
それに、かの有名な詐欺ブローカー、ヴェロの担当者からのメールを他のブログで拝見した事があるが、かのブローカーの担当者も懇切丁寧なメールを書いていたし、大抵の場合、サギを働く人間はサギと分かるような事はしない。
しかし、いつも私の一方的な感想ばかりを書いていてもフェアでは無いように思ったので、今回はスクウェアな観点から担当者からのメールを読んで判断の一材料として頂きたいと思う。


------------以下、転載---------------

Sent: Friday, May 22, 2009 4:35 PM

○○○○様(私の名前)

お世話になっております。

ご連絡有難うございます。
今になってからですが、申し上げたい事実がございます。

現在、弊社では大規模な業務編成ならびに部署編成を行っており、多言語サポートの採用、メディア部署の心臓となるデザイン人員の再確保、経理部の編成等に伴い、部署ごとにオフィスの引越しを2週間ほど前より行っており、PCの移動、回線の移動等で大混乱をきたしておりました。

事実上、一部のメールが受信されないといった惨事が起こっており、○○○○様のメールを受信したのが今週の初めのメールの返信差し上げた当日でございました。

また、多くの日本語のお客様よりチャットにて電話番号を頂いておりながらも、国際電話ですと非通知番号ではつながらず、連絡が途絶えてしまうといったジレンマも続いております。

今週の初めに多くのお客様よりメールを一括して受信し、対応の遅れをお詫びしながら返信をしておりました。

今になって思います事は、私も正直にその時点で事実を申し上げれば良かったのですが、今までメタトレーダーのサーバー回線が良好との定評を努力して保ち続けてきたにもかかわらず、現時点で「回線不良でメールが受信できなかった」とは勇気を持って申し上げる事ができませんでした。

頂いたメールを返信するのに必死で、ただただ「お詫びいたします」とのみ申し上げておりました。 ピンチに陥った際の、対処法をひしひしと感じた1週間でございました。ご理解頂けると幸いです。

ご質問の返答を致します。

>●一点目
>今後御社は英国金融庁の認可を取得され、日本の金融庁への登録も視野に
>入れていらっしゃるとの事でしたが、これは確実な事なのでしょうか。
>いつになるか、などはまだ検討中の事案と思いますので、組織として予定
>されている事か否かについてのみで結構です。ご回答ください。

事実でございます。
英国の金融庁の申請は1年ほど前より行っており、日々返答を待っていいる状態でございます。
日本への申請は、英国金融庁登録完了後となりますので、現時点では正確な申請日は未定でございます。

>●二点目
>現在日本語サポートデスクを準備中との事ですが、これについては具体的
>な目標の日程が決まっているものと思います。

昨日、数名の現地日本人の1次面接を行いました。
日本語、英語(社内業務は全て英語)、インターネット能力、カスタマー・サポート力、かつ為替ディラー能力を兼ね備えた人員の確保は困難です。
現時点で1名が2次面接に進んでおり、為替ディラーとしての能力チェックは来週の初めに行います。
早ければ、来週の中旬には採用が決定する見込みです。

---------個人情報含まれるため、一部省略--------------

ご不明な点や、ご意見・ご質問等は私共にとりまして貴重な情報です。
どしどしとお寄せ頂けると幸いです。

今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

○○○○(担当者の名前)


------------以上、転載---------------


なお私は、これまでのやり取りのメールも含めて考え、現在のところはたかが$100しか残っていない口座なので、今後新たな情報が出るまではそのままにしておく事に決めた。



ブログランキング・にほんブログ村へ

フォレックスプレイス(Forex Place)4xpについて

先日来、拙ブログに「例のブローカー」として登場して来たブローカーは『4xp』であった。
ご紹介できるようになったらブローカー名を明かすお約束だったので、ご紹介したい。
ここに書く事はおらっちが体験したことなので、ほかの方には当てはまらないかも知れないが、事実だけを書くので、口座を開設されている方、これから開設しようと思っている方は参考にされて欲しい。
必ず最後まで読んで、ご自分でご判断いただきたい。


フォレックスプレイス(Forex Place) ⇒ こちら


●特徴
このブローカーの目玉は何と言ってもEURGBPのスプレッドが、今時そうは無い『3』であるという事だろう。
レバレッジは最大1:300とMT4ブローカーとしては低めに設定されているものの、日本のブローカーに比べると十分と言える。
マイクロロットもあり、最低入金$100からと、条件としても悪くない。
クレジットカードでの入金もできるので手軽に取引が開始できるところも有難い。


●トレードの際の使用感
おらっちもEURGBPのスプレッドに釣られて口座開設を申し込み、早速入金、トレードを始めてみた。
トレードをしてみた感想としては、気配値が4桁であるからなのか、まだトレードされる方が少ないからなのか、値動きが非常にマイルドで、値足のヒゲが出現しにくく、逆張りスキャルはポジションが取り難いようだった。


●雑感
トレードに関しては特に問題なく行えると思われるが、サポート体制が非常に気にくわなかった。
メールで質問を送ったのだが、1週間放っておかれ、督促のメールにも反応が無く、1週間後に来た返信には忙しかった事を匂わせる文章が入っていて非常に驚いた。
サポートを担当する人間が「忙しい」で返答できないとはどういう事なのだろうか?

「忙しかったんだって」。
「あそう、じゃぁしょうがないねぇ」。

あなたならそう思うだろうか?
おらっちは残念ながらそうは思えない。
おらっちも他の業種ならそんなに目くじらを立てる事は無いが、ブローカーでは許されない事と思う。
「返答まで確認が必要であり、多少お時間を頂きたい」という1通のメールがなぜ出せないのか。


さらに、ライブチャットを使って返答を催促するも、「俺が今すぐに電話してやるから電話番号を教えろ(怖いでしょー)」の一点張りで、こちらの「返答をもらえるように伝えてくれればそれで良い」との押し問答になったが、結局その後10分間放置され、メッセージを送っても返答が無いので、頭にきてこちらから切った。
かの会社はそういうスタンスらしい。
先日EURGBPで異様に長い上ひげが発生し、トレードしていない時間だったので影響は無かったものの、そんな時にはどうやって連絡を取れば良いというのか。


おらっちはこんな危ない会社に自分の金を預ける積もりはさらさら無い。
と言う事で出金(微々たるものだが…)&口座閉鎖決定。
今後は着金待ちという事になるが、今週中か来週頭には着金する予定なので、着金したら(しなくても)またレポートしたいと思う。



ブログランキング・にほんブログ村へ

Home > ブローカーに関するレポート

others
 
Recent Trackback
Search
Meta
Feeds
Access counter
     トレーダーズグリーンクラブ         

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。