Home > 入金・出金

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Alpari出金フォーム記入例

●Alpariは『CashBackForex』の登録で、スプレッド分手数料の一部が毎月キャッシュバックされます!!

●『CashBackForex』の登録方法はコチラ
●『CashBackForex』のキャッシュバック額はコチラ
●『CashBackForex』の評価は、『ForexPeaceArmy』で5つ星です。⇒コチラ


FC2ブログで緊急メンテナンスとか…。日付が変わってしまいました。


ググってみたら、他様でも出金フォームの記入の仕方を掲載されている方がいらっしゃるようです。
邪魔する積りじゃないんですが、せっかく作ったので、フォームの見本だけアップしときます。


※銀行口座番号の例はCitibankの場合(口座番号のみ記入)です。
  記入に際しては、各銀行によって異なる事も考えられますので、口座開設の際などに必ず確認してください。



今日はここまで。


すんなり行ったAlpari UKの口座開設リターンズ (その1)
すんなり行ったAlpari UKの口座開設リターンズ (その2)
Alpariクレジットカード送金の方法
Alpariセカンド口座開設と口座間振替の方法
すんなり行ったFXcastの口座開設方法 (その1)
すんなり行ったFXcastの口座開設方法 (その2)


●Alpariは『CashBackForex』の登録で、スプレッド分手数料の一部が毎月キャッシュバックされます!! ⇒ コチラ
●『CashBackForex』の登録方法はコチラ


ブログランキング・にほんブログ村へ

Alpariセカンド口座開設と口座間振替の方法

●Alpariは『CashBackForex』の登録で、スプレッド分手数料の一部が毎月キャッシュバックされます!!

●『CashBackForex』の登録方法はコチラ
●『CashBackForex』のキャッシュバック額はコチラ
●『CashBackForex』の評価は、『ForexPeaceArmy』で5つ星です。⇒コチラ


本日2本目の記事は、Alpariのセカンド口座開設と口座間振替の方法を記す。
何度も申し上げるが、おらっちの英語はインチキなので、分かる方が近くにいらっしゃれば、その方にキチンとした英語を教えてもらってほしい。


●通常の口座開設はコチラをご覧ください。


ではまず、セカンド口座開設方法から。


●セカンド口座開設に必要な情報(2009年4月16日現在)

 ①ログインID(口座番号)

 ②口座のレバレッジ

 ③初期入金額

 ④アカウントの種類(マイクロロットかスタンダードロットか)


●セカンド口座開設手順(2009年4月16日現在)

 ①Alpariのカスタマーサービス宛てに以下に記載のメールを送る。
  カスタマーサービス


------以下、転載------

Hello

I want open an additional account.

I send the details.


1.Login in MT: (今持っている口座の番号)
●●●●●

2.Account name:
Yamada Taro

3.Leverage I wish to have on my new account: (レバレッジの指定)
1:500

4.Currency I wish my new account to be denominated in: (初期入金額)
500USD

5.Account type:(アカウントの種類)
Micro account


Thanking you in advance.

Regurds,
Yamada Taro

------以上、転載------


 ②早ければその日のうちに口座開設完了のメールが送られて来る。意外に簡単。



次にセカンド口座への口座間振替。


●セカンド口座への口座間振替

 ①Alpariのホームページにある振替申請書をダウンロードし以下のように記入する。



 ②スキャンしたものを以下のように記載したメールに添付しバックオフィスに送付する。


------以下、転載------

Hello

Always thank you for good trading condition.

Now, I want to perform transfer between the account.

Because I attach a transfer form, I ask for a procedure.


Regards,
Taro Yamada
Log in ID : ●●●●●
Yamada Taro

------以下、転載------


 ③早ければ3時間程度で振り替えが完了し、完了した旨のメールが手元に届く。



以上、セカンド口座開設と、口座間振替の手順を説明した。
分かりにくかったかなぁ。


すんなり行ったAlpari UKの口座開設リターンズ (その1)
すんなり行ったAlpari UKの口座開設リターンズ (その2)
Alpariクレジットカード送金の方法
Alpari出金フォーム記入例
すんなり行ったFXcastの口座開設方法 (その1)
すんなり行ったFXcastの口座開設方法 (その2)


●Alpariは『CashBackForex』の登録で、スプレッド分手数料の一部が毎月キャッシュバックされます!! ⇒ コチラ
●『CashBackForex』の登録方法はコチラ


ブログランキング・にほんブログ村へ

Alpariクレジットカード送金の方法

●Alpariは『CashBackForex』の登録で、スプレッド分手数料の一部が毎月キャッシュバックされます!!

●『CashBackForex』の登録方法はコチラ
●『CashBackForex』のキャッシュバック額はコチラ
●『CashBackForex』の評価は、『ForexPeaceArmy』で5つ星です。⇒コチラ


今日は時間が取れそうなので、以前から要望のあったものも含め、3つアップしようと思っている。
ひとつ目はAlpariへのカード入金方法。
ふたつ目はAlpariからの出金と口座間振替の方法。
みっつ目は、2日分の取引内容(殆ど増減ないが…)。


本当は取引内容を最初にやってしまいたいのだが、それを先にやると他が面倒臭くなりそうなので、後回しにしたい。
では、ひとつ目の「Alpariへのカード入金方法」について簡単に解説したいと思う。
画像はいつものようにクリックで拡大する。見難い方はクリックされて頂きたい。


●口座開設はコチラをご覧ください。


●セカンド口座の開設はコチラをご覧ください。


●作業の前に準備するもの
①口座開設時の氏名と口座番号の確認(MT4のナビゲーションウィンドウで確認可能)
②送金に使うクレジットカード


●送金手順(2009年6月11日)

 ①Alpariの『カード入金ページ』にジャンプ。

 ②以下のページが出てくるので、必要事項を記入する。



 ③次に以下のページが出てくるので、確認して先に進む。



 ④さらに以下のページが出てくるので記入して先に進む。



 ⑤ほんの5分程度で以下のメールが来るので、これで完了。

------以下、転載------

Dear Sir/Madam,

We received your credit card payment and your account has been funded accordingly.

Kind regards

Kate Hughes
Trade Support

Alpari (UK) Limited
201 Bishopsgate
London EC2M 3AB

Tel: +44 (0)20 7426 2800
Fax: +44 (0)20 7426 2864
Dir: +44 (0)20 7426 2853

------以上、転載------


おらっちは通常シティバンクオンラインを利用しているので、ラクさで言えばそっちの方がラクだが、着金までに3営業日は見ておいた方が良い。なので、早さはこっちの方が断然早い。
これからは、ドル転して送金する場合は、カードでの入金になるんだろうなぁ。


すんなり行ったAlpari UKの口座開設リターンズ (その1)
すんなり行ったAlpari UKの口座開設リターンズ (その2)
Alpariセカンド口座開設と口座間振替の方法
Alpari出金フォーム記入例
すんなり行ったFXcastの口座開設方法 (その1)
すんなり行ったFXcastの口座開設方法 (その2)


●Alpariは『CashBackForex』の登録で、スプレッド分手数料の一部が毎月キャッシュバックされます!! ⇒ コチラ
●『CashBackForex』の登録方法はコチラ


ブログランキング・にほんブログ村へ

1ヶ月ぶりの更新

先日いきなり事故に遭って入院。
先週復活してくるまで全く身動きの取れない1か月間だった。

事故の方は話すと長くなるので割愛。
その間、社会生活は強制的に停止させられたが、PCは停止させる事ができなかったため、文字通りの自動売買となった。
結果、FXproはパンクして終了、FXCASTは200ドルほどの増、それともう一口座、入金し売買を開始していたAlpariは微増だった。

しかし、同じEAを動かしているのに、こうも結果が違うものだろうか。
見るとやるでは大違い。
やってみないと分らんもんですなぁ。


さて、そうしているうちに[sayumijuri]という方から、コメントを頂戴した。
Alpariの入金についての質問だった。
もう解決しているかもしれないが、せっかく頂いたコメントなのでご回答申し上げたい。


Alpariの入金をするにあたり、多分誰もが考える事があると思う。
「どの金融機関から入金するのが良いのか?」ということである。

手数料を最も安くする事を考えると、多分ゆうちょ銀行から送金するのが一番安いと思う。
次にロイズTSB銀行、それからCITIBANKとか、新生銀行などが来るのではないだろうか。
まれに地方銀行の中にも手数料が安いところが見受けられるので、それもアリかなと思う。

あとは、日本のFX会社の『現受け』を利用する手もあるが、FX会社から銀行への送金手数料や、会社によるとは思うが、1万通貨単位(USDなら10,000ドル)以上の両替でないと手数料が別途必要となるなど、非常に面倒&分かりにくいので、個人的にはあまりオススメ出来ない。

デメリットという点で言えば、ゆうちょ銀行はイギリスへの送金はポンドしか取り扱っていない事、ロイズTSBはこちらからの送金のみで、こちらへの送金ができない点が問題と感じた。
やはり、あちこちのFXブローカーやその他の海外関連の支払にも便利なので、ドルの口座を持ち、ドルでやり取りできるのが良いと思う。ドルはこんなところでも『基軸通貨』、『決済通貨』として活躍するのだから、面白いと思う。

と、いうわけで、おらっちはCITIBANKに口座を作り、海外ブローカーとの入出金の中継もやっている。
(それほど金額が大きくないので、頻繁にやりとりする事は無いのだが…)
CITIで面倒なのは、送金先の事前登録が必要な点くらいで、あとはほぼネット上で手続きできるのが良いと思う。
さらに、キャッシュカード(CITIではバンキングカードと言う)は、デビットカードとしても使えるので、とても使い勝手が良い。

CITIは基本的には口座維持手数料がかかるのだが、『CITIBANK e-セービング』であれば維持手数料は無料となる。

申込はすべて日本語なので特に解説は必要ないと思う。
開設の申し込みが済むと郵送で直筆サインの確認が送られてくる、これにサイン若しくは捺印し返送すれば口座開設完了となる。全部で1週間程度だろうか。

次に送金先の登録が必要だ。
これについても、CITIの指示通りに提出すればすぐに登録される。
記入例は→コチラ
(郵送のみの取り扱いなので送金先に反映されるまで1週間程度必要)

『e-セービング』にログインすると、登録された送金先があるので、それを選択して送金の指示を出すと、Alpariの場合は2~3日で口座に反映される。

以上のような手順で非常に簡単に(口座開設や登録などで時間はかかるが)送金が完了する。
なお、海外ブローカーからの出金については、ブローカーごとに記入事項が違ったりするので、慣れた方以外は24時間365日のフリーダイヤル電話サービスがあるので、これでアドバイスを受けながら出金登録するのが良い。

また、頻繁に海外との入出金を繰り返すような方は、シティゴールドカードを取得すると、送金手数料が無料になる。これは国内で入出金するのとほぼ同じ感覚で利用できるようになるので、年会費が苦にならないお金持ちの方は利用してみてはいかがだろうか。

ちなみにCITIの通常のバンキングカードは青い透明なカードなので、ちょっと珍しく格好良い。
最近、本家はちょっときな臭いが…。

Home > 入金・出金

others
 
Recent Trackback
Search
Meta
Feeds
Access counter
     トレーダーズグリーンクラブ         

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。