Home > 無料EA探索

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

メタトレーダー 無料EA探索5 ~Divergence Trader~

久方ぶりに無料EAのご紹介を。
以前から紹介すると書いてて、全くそんなヒマが無くてほっぽらかしになってましたが、お盆休みって事で多少時間が取れましたので、ちょっとだけ紹介したいと思います。


今回ご紹介するのは、拙ブログの「デモ口座フォワードテスト」の中にある、『Divergence Trader』です。
とは言え、中身について正確に把握しているわけではありませんので、そこのところはご理解ください。
ですので実弾投入は薦めませんし、もし投入されるのであれば、ご自分なりにテストされて納得した上でお使いください。


『MQL4 CodeBase』にも掲載されてますが、Forex TSDの方が投稿日が早いようです。
また、両サイトともに『pipsleader』という有料のEAとこのEAが同じものであるという内容の書き込みがあります。


●サイト名:FOREX TSD ⇒ コチラ
●スレッド名:Divergence EA ⇒ コチラ


「ダイバージェンス」という言葉は、FX取引をされる方であればお聞きになられた事があると思います。
拙い説明をさせてもらうならば、オシレーター系(多くの場合RSIなど)の指標と、実際の値動きがかい離し、値動きが新値をとったにも関わらず、オシレーター系指標が新値を取れなかった場合、「ダイバージェンスが発生した」状態と言われます。

ではこのEAの場合はどのようにダイバージェンスを計っているかと言うと…。
これがねぇ、おらっちの解析能力ではイマイチ分からんのですよ。
MAを計算するコードはすぐに見つかるんですが、RSIなどの計算式が見つからんのです。
しかも、単純にFastMAとSlowMAでこちゃこちゃやってるように見えるんですよねぇ。
で、調べようにもスレッド主もこのEAについては詳しい事を知らないようですし、他の方も解析を諦めたような節も見られます。


●トレード画面 (「BasketProfit=30」に設定)


画面の中に「Divergense=0.0099」とありますが、この数値が指定した範囲内にある場合に新規ポジションを取るようになっています。1時間足でのトレードですので、ポジションメイクは1時間に1ポジション。もし5分足で動かした場合は、5分に一度のポジションメイクになります。
ちなみに拙ブログの設定は「0.002~0.0083」の間で、『BUY ONLY』です。
パラメーターで、ストップロスやTP、トレーリングストップなども選択できますが、おらっちのテストではそれらの設定は「0」にして、「BasketProfit」でのみクローズする設定が最も優秀な数字を残しています。


とまぁ分からない事づくめなんですが、それなりに稼げそうな雰囲気バリバリなんで、デモ口座で遊んだり、これを改造して自前のEAのラインナップに加えてみたりする分には面白そうです。
本当は自分改造して使いたかったんですが、おらっちの能力では無理ですので、出来る方は色々と手を加えたりして楽しまれてみてください。


ブログランキング・にほんブログ村へ

PowerTraderとCashGrabberは稼げる!?

ええいチクショー。サブにキーパー2人ってどういう事だ。
お陰で交代させたいところで交代させられなかったじゃないか。
本田を呼べー。



ますは拙ブログの『デモ口座フォワードテスト』の②FXcast Power Traderのデモ履歴をご覧ください。
$1,000のデポジットで今週の月曜日(15日)からはじめて既に+$327。
まだ1週間経っていないし、ストラテジーを完璧に理解しているわけでは無いので、この先に大きなDDを喰らう可能性はまだまだ否めませんが、今のところは驚異的な稼ぎようと言えるのではないでしょうか。
このシステムは『PowerTrader』と言い、こちらでデモ口座用のシステムが無料配布されています。


サイトでは色々なストラテジーが提案されていますが、3通貨のバスケットトレーディングが基本のようで、今回おらっちが試しているのは、EUR/AUD/CADとGBP/USD/JPYの6ペアのバスケット。
それぞれのDailyチャートに『PowerTrader(以下PT)』というEAをセットし、もうひとつ『CashGrabber(以下CG)』というスクリプトを、適当なチャートにセットするようになっています。


このシステムが優れているのは、個人的には『PT』では無く、『CG』の方であると考えています。
PTはポジションオープンとpipstep、TP決済値を司るのですがSLはありません。PTがポジションをクローズするのはTPに達した時のみ(指値ですからポジションオープン時に仕事は終わっています)。
これと並行し、CGが口座内の全ポジションの合計利益を監視し、設定した額に達すると一気にクローズするようになっています。なおこの際、先にTPに達してクローズされたポジションも含めて計算されますので、最初のポジションをオープンしてからCGが全ポジションをクローズするまでが1クールと言えるでしょう。
デモ履歴にあるグラフのように、デコボコとした収支グラフになるのは、CGが含み益を持つポジや含み損を持つポジを合計額で計算しているためです。


果たしてこのシステム、このまま稼ぎ続けられるのか、はたまたSLが無い分、どこかで大きなDDを喰らう羽目になるのか…。
かなり端折った説明で、今一つ分かりにくかったとは思いますが、ご興味あれば拙ブログのデモトレードをチェックされるか、実際にデモ口座版でトレードされてみてはいかがでしょう。
ご購入をご検討の方は、先にも書いたとおり、いくつかのサイトで売っていて、そこによって値段が違うようですので、しっかりと確認してからご購入される事をお勧めします。
ちなみに今回ご紹介したサイトでは、聞いて驚くな、初期費用$2,500、毎月$199となっているようです。


そうそう、正規版を購入されるとアフィリエイトも出来るようですが、まだ日本語のサイトは無いようですので、商材アフィリエイターの方にはオススメ物件ではないでしょうか。


ブログランキング・にほんブログ村へ

今さらながら、さらりと「Rentasiganal」について

今日はサッカー。憎きピム率いるオージー戦。
悔しいけれど実力はオーストラリアの方が上。
負けるな松井。忘れるなWCの屈辱。チンチンにやってやれ。


さて本題。「Rentasignal」について。
「今さらながら」と書いたが、他様でも紹介されているので、多くの方がご存知と思いますが、このブログの上部、『デモ口座フォワードテスト』で取り扱っているので、簡単に紹介します。


このサービス、ユーザー登録をして、使いたいシグナルを選び、MT4にEA(のようなもの)をセットすると勝手に売買してくれる優れもの。
例えて言うと、「Zulutrader」みたいな感じとでも言えば良いでしょうか…。
以前、「Meta Trader Account Copier」を紹介した時に、かのEAの使い道として、「シグナルプロバイダーくらいでしょうか…」と書いたのですが、まさにそれっぽいサービスです。


ただこれ、過去の取引履歴や収益曲線は見られるものの、ロジックとかは分からないので、ちょっと気持ち悪いと感じる方もいらっしゃると思います。(有料のEAもそのきらいがありますが…)
反面、無料のシグナルでも勝ってるのが多くあるので、色々なEAを探してくる時間を、これで勝つための手法確立のために使うなんて事もアリかも知れません。
個人的には「ZuluTrader」よりも使いやすそうですね。


やばい、国歌が流れた。サッカー始まります。
スタメンは…、ムムム、やばそう。
すみません。導入の方法などの続きは、またの機会に紹介しますね。


ブログランキング・にほんブログ村へ

メタトレ-ダー(MT4)のエラーコード表

今回はMT4初心者向けの情報です。
おらっちもそうなんですが、あちこちからフリーのEAを拾っては、片っぱしからテストしてみる方は知っておいた方が良いかと思います。


フリーのEAは、ほとんど説明書など付いていませんので、フォーラムから拾ったEAであればそのフォーラムを、ブログから拾ったEAであればそのブログを読んで、EAの性能や、ロジック、資金管理などを理解する他ありません。
で、バックテストやフォワードテストをしてみると、多くの場合きちんと動いてくれず、頭を抱えます。そんな時に役立つのが、この『MQL4 community』のエラーコード表です。
バックテストがきちんと表示されない場合には「操作履歴」を確認すると、エラーが出ていることが多くありますが、このコード表と対比させると原因が理解出来便利です。


Error codes returned from trade server.

ConstantValueDescription
ERR_NO_ERROR0No error returned.
ERR_NO_RESULT1No error returned, but the result is unknown.
ERR_COMMON_ERROR2Common error.
ERR_INVALID_TRADE_PARAMETERS3Invalid trade parameters.
ERR_SERVER_BUSY4Trade server is busy.
ERR_OLD_VERSION5Old version of the client terminal.
ERR_NO_CONNECTION6No connection with trade server.
ERR_NOT_ENOUGH_RIGHTS7Not enough rights.
ERR_TOO_FREQUENT_REQUESTS8Too frequent requests.
ERR_MALFUNCTIONAL_TRADE9Malfunctional trade operation.
ERR_ACCOUNT_DISABLED64Account disabled.
ERR_INVALID_ACCOUNT65Invalid account.
ERR_TRADE_TIMEOUT128Trade timeout.
ERR_INVALID_PRICE129Invalid price.
ERR_INVALID_STOPS130Invalid stops.
ERR_INVALID_TRADE_VOLUME131Invalid trade volume.
ERR_MARKET_CLOSED132Market is closed.
ERR_TRADE_DISABLED133Trade is disabled.
ERR_NOT_ENOUGH_MONEY134Not enough money.
ERR_PRICE_CHANGED135Price changed.
ERR_OFF_QUOTES136Off quotes.
ERR_BROKER_BUSY137Broker is busy.
ERR_REQUOTE138Requote.
ERR_ORDER_LOCKED139Order is locked.
ERR_LONG_POSITIONS_ONLY_ALLOWED140Long positions only allowed.
ERR_TOO_MANY_REQUESTS141Too many requests.
ERR_TRADE_MODIFY_DENIED145Modification denied because order too close to market.
ERR_TRADE_CONTEXT_BUSY146Trade context is busy.
ERR_TRADE_EXPIRATION_DENIED147Expirations are denied by broker.
ERR_TRADE_TOO_MANY_ORDERS148The amount of open and pending orders has reached the limit set by the broker.
ERR_TRADE_HEDGE_PROHIBITED149An attempt to open a position opposite to the existing one when hedging is disabled.


本当はここに訳したいところなんですが、おらっちの英語はいつも書いている通りインチキですし、プログラマーでも無いので、ちゃんと分かってらっしゃる方に譲りたいと思います。
誰か分かる方がいらっしゃれば、ぜひ訳していただいて、ご自分のブログに掲載してみていただけるとありがたいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

昨日発見した面白そうなEA

■ヘッジトレーディングEA
先週末のフリーズを受けて、KG_RSを一時検証中止にしている。
で、何か代わりに動かすEAは無いかと思い、昨日あちこちを探検し、適当なEAがあったので今日からKG_RSの代わりにデモ口座で稼働させている。


このEAはGBPJPYをベースカレンシーに、EURJPYをヘッジカレンシーにして、CCIの値によって①「GBP⇒BUY、EUR⇒SELL」または②「GBP⇒SELL、EUR⇒BUY」するEAだ。
過去、このブログでもチラリと紹介したことがあるのだが『アービトラージ』という言葉、ご存知の方も多いと思う。
このEAは、相関性の高い2つの銘柄で売りと買いを行い、その差益を得る事を目的にした投資手法、『アービトラージ』を利用したEAと言える。


例えば、上記の2通貨ペアで取引をした場合、双方の通貨ペアは相関性が高いため、一方が上昇すると、多くの場合、もう一方も上昇する事になる。
当然、全く同じ割合で上昇した場合には、利益を期待できないどころか手数料(スプレッド)負けになるのだが、2つの通貨ペアがいつでも全く同じ動きになる事などまずあり得ない。
双方はほぼ同じ動きをするものの、くっついたり離れたり、その差は一定では無いはずだ。
(もし同じ動きをするのであれば、EURGBPはいつでも同じレートになるはず)
そして、そのような動きを繰り返す中で、双方のかい離が、いつもよりも大きくなったり、狭くなったりする事が稀にある。
で、この動きに目を付けたのが『アービトラージ』という投資手法だ。


わっかるかなー。説明が下手で分かンねーだろーなー。
と言う事で、ウィキペディアへのリンクを貼っておく。


・ウィキペディア ⇒ 裁定取引


いかがだっただろう。さすがに分かりやすい説明だったと思う。
例示が現物と先物についてだったと思うが、これをGBPとEURに置き換えて考えて頂きたい。
で、今テストしているのが、この手法のGBPJPYとEURJPYのパターンという事になる。
KG_RSのようなバスケットトレーディングとは少し違うが、これも面白いと思うので、お楽しみいただきたい。
なお、KG_RSの口座でそのまま続けているので、スタートは5月18日、€909.38からとなっている。


・FXcast ヘッジトレーディングのデモ履歴(クリックで詳細へ)



■USDJPYについて
出先から戻ってみたらすごい事になっていた。まさかここまでとは…。
週明けの新たなニュースとしては、「消費者動向」の改善と、ムーディーズの格付け変更、その後、杉本財務次官の発言などなどで『上昇』だそうな。
お陰で含み損がいっぱい。このまま上に走られると損害は大きそうだ。
この後は…、戻すとすれば95.2近辺まででしょうかねぇ…。今は切る気にもなれず、指をくわえて眺めるしか無さそうですね。



ブログランキング・にほんブログ村へ

Home > 無料EA探索

others
 
Recent Trackback
Search
Meta
Feeds
Access counter
     トレーダーズグリーンクラブ         

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。